最先端研究開発支援プログラム「審良プロジェクト」・シンボルマーク募集のご案内




大阪大学 学生・教職員各位


最先端研究開発支援プログラムは、研究者最優先の研究開発支援体制の下で、世界のトップを目指した先端的研究開発を促進し、我が国の国際的競争力及び底力を強化するとともに、研究開発成果を国民及び社会へ還元することを目的として、創設されました。

日本国内565件の応募の中から、内閣府・総合科学技術会議によって審査・選考され、30人の中心研究者とその研究課題が採択されています。

その一つである、最先端研究開発支援プログラム「免疫ダイナミズムの統合的理解と免疫制御法の確立」(中心研究者:審良静男)では、免疫学・生体イメージング・システムバイオロジー・構造生物学の異分野融合を図り、免疫機構の解明と免疫制御法の確立を目指して、6つのサブテーマの研究体制により、平成22年3月10日から研究を推進しています。

このたび、本プロジェクトをイメージする「シンボルマーク」を、本学の学生・教職員の皆様(卒業生・修了生及び元教職員を含む。)から広く募集することになりました。

シンボルマークの募集要項は、以下のとおりです。奮ってご応募ください。多数のご応募をお待ちしております。

大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室



シンボルマーク募集要項

番号 事項 内容
1 目的 最先端研究開発支援プログラム「免疫ダイナミズムの統合的理解と免疫制御法の確立」(中心研究者 審良静男)(以下、「審良プロジェクト」という。)においては、免疫学・生体イメージング・システムバイオロジー・構造生物学の異分野融合を図り、免疫機構の解明と免疫制御法の確立を目指し研究を推進しているイメージを表現したシンボルマークを制定し、審良プロジェクトのウェブサイト、パンフレット、アウトリーチ活動のポスター等の広報制作物、レターヘッド、封筒、名刺等のコミュニケーションツールなど広範囲に使用します。
2 シンボルマークの
作成要領
  1. マーク部分のみを募集します。(デザインとして文字が含まれている場合は、支障ありません。)
  2. 彩色は自由です。但し、単色使用時のコントラストを考慮してください。
  3. コンピュータ画像、手書きなど、手法は問いません。
  4. 作品のコンセプトを応募用紙に記載してください。
  5. 審良プロジェクトのシンボルマーク応募のために創作したもので、国内外で未発表のものに限ります。
3 募集期間 平成23年5月16日(月)~平成23年6月30日(木)
(募集期間終了日必着のこと。)
4 応募資格 大阪大学の学部生・大学院生(卒業生・修了生を含む)および教職員(元教職員、特任・非常勤を含む)
5 応募方法
  • 応募点数は無制限です。但し、応募用紙1枚につき1点でお願いします。
  • 応募用紙(所定用紙)に必要事項(氏名、住所、所属等連絡先)を記入の上、作品とともに下記まで送付してください 。
  • 応募用紙は、本ページからダウンロードしてください。

[応募・問合せ先]

大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室 審良プロジェクト
〒567-0047 大阪府茨木市美穂ヶ丘8-1
産業科学研究所インキュベーション棟203号室
e-mail アドレス:akira-pj-rep@ml.office.osaka-u.ac.jp
電話番号:06-6879-4786(ダイアルイン)
(担当: 研究支援統括者補佐・特任准教授 竹内裕子)

6 選考・発表
  • 審良プロジェクト・シンボルマーク選考委員会(選考委員長:中心研究者・審良静男)において選考します。
  • 選考結果は審良プロジェクトのホームページで発表します。
  • 採用作品の応募者には、賞状と、 副賞として賞金3万円を贈呈します。
7 注意事項
  • 公序良俗その他法令の定めに反するもの、著作権その他第三者の権利を侵害しているものは、審査の対象外とします。採用後であっても、これらの条件に違反していることが判明した場合、採用を無効とします。
  • 採用作品に対して修正・改変を行い、正式なシンボルマークとする場合があります。
  • 採用作品を商標登録する権利、著作権に関するすべての権利は、大型教育研究プロジェクト支援室に帰属します。
    なお、権利の譲渡対価は、副賞3万円をもって充てるものとします。
  • 副賞3万円については、本学では源泉徴収を行いませんので、採用作品の応募者本人が、住民登録をしている住所の管轄の税務署に確定申告を行ってください。
  • 応募作品は返却しませんので、あらかじめご了承ください。
  • 募集要項に記載された事項以外について取り決める必要が生じた場合、大型教育研究プロジェクト支援室の判断により決定します。
  • 応募者の個人情報は、本募集以外の目的に使用されることはありません。
  • 今回の応募作品の選考の結果、審良プロジェクトのシンボルマークとして該当する作品がない場合は、今回の応募作品の中からシンボルマークを採用しないことがあります。また、将来、審良プロジェクトのシンボルマークを変更する場合があります。
  • 審良プロジェクトの研究内容等の詳細は、以下のURLをご覧ください。
    http://akira-pj.lserp.osaka-u.ac.jp/

ダウンロード

最終更新日:2011年5月13日

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader