特許検索セミナーを開催しました

審良プロジェクトでは、専任の知財戦略コーディネーター 前田裕司特任教授を置き、本プロジェクトの知財力強化に取り組んでいます。
2012年11月22日(木)午後1時から、大阪大学 工学研究科GSEコモンウエスト(U1W)棟情報実習室において、特許検索セミナーを開催しました。第1部(午後1時-午後1時50分)では前田特任教授による、特許情報検索のための基礎知識と特許電子図書館を用いた国内の特許検索方法についての説明がありました。第2部(午後2時-午後3時30分)では、トムソン・ロイターから学術情報ソリューション・プロダクト・スペシャリストの矢田俊文氏を迎え、Derwent Innovations Indexを用いた国内外の特許検索方法について説明していただきました。

いずれも簡単な解説の後、それぞれの検索方法を用いて、実際の特許検索を体験する実習が行われました。参加者は検索に有効なコツやヒントを聞くことができ、その場で必要な情報を得ることができました。参加者からは「画面操作の様子をスクリーンで見て説明を受けながら、自分でも検索をやってみるとこができ良かった」、「以前、別のパテント検索で苦しんだことがあり、もっと早く知っておきかった」といった感想が寄せられました。


当日の様子(写真をクリックすると大きな画像が見られます)

20121122_IPsearch_1.jpg 20121122_IPsearch_2.jpg 20121122_IPsearch_3.jpg 20121122_IPsearch_4.jpg 20121122_IPsearch_5.jpg 20121122_IPsearch_6.jpg

第1部の資料はこちらからダウンロードできます→PDF資料(4.7MB)
第2部で解説したDerwent Innovations Indexへのリンク(学内専用)

ムービー(第1部のみ)

Loading the player ...

本サービスの利用と制限事項

本ムービーの利用には、一部制限がございます。資料配布に関しましても、ご希望に添えない場合がございます。動画ファイル本体の意図的なダウンロードによるファイル本体の複製、保持、運搬、変換、閲覧はご遠慮ください。


不明な点は審良プロジェクト支援チーム / 岩崎:iwasaki@lserp.osaka-u.ac.jp までお問い合わせください。

審良プロジェクトでは、研究者の希望により個別相談や、知財強化・活用のための学内外の連携調整などに応じています。
| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader