生体二光子励起イメージング講習会が開催されました

2012年8月6-7日に、審良プロジェクトサブテーマリーダーの石井優研究室において、生体二光子励起イメージング講習会が行われました。株式会社ニコンインステックと免疫学フロンティア研究センターの共催で、大阪大学内外から計9名の参加者が集まりました。


講習ではまず講義があり、ニコンインステックの伊藤己基男社長の開会挨拶に引き続き、ニコンの及川義朗ゼネラルマネージャーが二光子励起イメージングの原理やシステムについての基礎的な内容を中心に話されました。その後、石井特任教授より実際のイメージング画像の紹介を兼ねてこれまでの研究成果発表がありました。講義に続いて実習が行われ、イメージングの操作やデータの解析方法を学んでもらいました。

参加者は真剣な様子で熱心に講義・実習に取り組み、またハイレベルで充実したディスカッションが行われていました。閉会の挨拶では、及川ゼネラルマネージャーから、これを機に二光子励起イメージングの活用と共に、実務者のネットワーク形成が促進されることを願うとの言葉がありました。参加者からは、「イメージングの実験操作の全体像がよくわかり、コツがつかめた」「非常にためになった」「実務者同士の繋がりを持てたことも良かった」との声があがっていました。


当日の様子(写真をクリックすると大きな画像が見られます)

IMG_4573.JPG IMG_4575.JPG IMG_4578.JPG IMG_4641.JPG IMG_4634.JPG IMG_4666.JPG IMG_4676.JPG
| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader