サイエンスカフェを行いました。第11回 「いちばん新しい免疫の話。」

2012年11月10日(土)午後4時より、福岡市天神町の(カフェ)コマンタレヴーにおいて、サイエンスカフェ・オンザエッジ第11回「いちばん新しい免疫の話。」が開催されました。 ゲストとして、九州大学 生体防御医学研究所の山崎晶教授と大阪大学 免疫学フロンティア研究センターの黒崎知博特任教授が登場し、「自然免疫」と「獲得免疫」をキーワードに、自身が携わっている免疫学研究の目的や意義、最新の研究成果などを市民に伝えました。現役のトップサイエンティスト二人による、幅広い研究内容を一気に堪能できる得がたい機会となりました。

20121110_cafe_kurosaki.jpg

山崎教授は、自然免疫の機構について、最新の研究成果を織り交ぜながら、平易な言葉でわかりやすく説明を行いました。また、黒崎特任教授は、獲得免疫の重要な役割のひとつである免疫記憶に関して、"まさにいま"争点となっている事柄を、世界トップクラスの研究者のひとりとして、情熱を込め生き生きと語りました。
日常生活の参考になる基礎知識から、研究現場直結のトピックまで、充実した話に参加者も興味深い様子で耳を傾けていました。



黒崎特任教授の研究室(分化制御研究室)HPはこちらです。

| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader