平成22年度 研究成果発表実績

1 雑誌論文 計( 11 )件  うち査読付論文 計( 11 )件

  • 1).*Sadhu K.K., Mizukami S., Watanabe S., Kikuchi K., Turn-on Fluorescence Switch Involving Aggregation and Elimination Processes for b-Lactamase-Tag. Chem. Commun., 46(39): 7403-7405, 2010.
  • 2).*Miyake T., Satoh T., Kato H., Matsushita K., Kumagai Y., Vandenbon A., Tani T., Muta T., Akira S. and Takeuchi O., IκBζ is essential for natural killer cell activation in response to IL-12 and IL-18. Proc. Natl. Acad. Sci. U.S.A., 107(41): 17680-17685, 2010.
  • 3).*Milewski R. J., Kumagai Y, Fujita K, Standley D. M., Smith N. I. , Automated processing of label-free Raman microscope images of macrophage cells with standardized regression for high-throughput analysis. Immunome Research, 6(11): doi:10.1186/1745-7580-6-11, 2010.
  • 4).*Ishii M, Kikuta J, Shimazu Y, Meier-Schellersheim M, Germain RN. Chemorepulsion by blood S1P regulates osteoclast precursor mobilization and bone remodeling in vivo. J. Exp. Med., 207(13): 2793-2798, 2010.
  • 5).*Kumar H., Kawai T. and Akira S., Pathogen recognition by the innate immune system. Int. Rev. Immunol., 30(1): 16-34, 2011.
  • 6).*Yamashita R., Sathira Nuankanya P., Kanai A., Tanimoto K., Arauchi T., Tanaka Y., Hashimoto S., Sugano S., Nakai K., and Suzuki Y., Genome-wide characterization of transcription start sites in humans by integrative transcriptome analysis. Genome Res., 21(5): 775-89, 2011.
  • 7).*Sadhu K.K., Mizukami S., Watanabe S., Kikuchi K., Sequential Ordering Among Multicolor Fluorophores for Protein Labeling Facility via Aggregation-elimination Based ß-Lactam Probes. Mol. BioSyst., 7(5): 1766-1772, 2011.
  • 8).*Saitoh T., Satoh T., Yamamoto N., Uematsu S., Takeuchi O., Kawai T. and Akira S., Antiviral Protein Viperin Promotes Toll-like Receptor 7- and Toll-like Receptor 9-Mediated Type I Interferon Production in Production in Plasmacytoid Dendritic Cells. Immunity, 34(3): 352-363, 2011.
  • 9).*Irie T., Park S.J., Yamashita R., Seki M., Yada T., Sugano S., Nakai K., Suzuki Y., Predicting promoter activities of primary human DNA sequences. Nucleic. Acids Res., doi:10. 1093/nar/ gkr173, 2011.
  • 10).*Yoshimura A., Mizukami S., Hori Y., Watanabe S., Kikuchi K., Cell Surface Protein Labeling with Luminescent Nanoparticles via Biotinylation Using Mutant beta-Lactamase-tag Technology. ChemBioChem, 12(7): 1031-1034, 2011.
  • 11).*Ishii T., Kawamura S., Nishiyama I., Kikuta J., Ishii M., Use of intravital microscopy and in vitro chemotaxis assays to study the roles of sphingosine-1-phosphate in bone homeostasis. Methods Mol. Biol., 2011, in press.

2 学会発表 計( 93 )件  うち招待(依頼)講演 計( 57 )件

  • 1).石垣大哉, 小笠原邦昭, 吉岡芳親, 千田光平, 藤原俊朗, 麻生謙太, 小林正和, 吉田憲治, 小川彰, Proton MRS を用いた非侵襲的脳温測定による慢性脳虚血における脳循環代謝の評価:PETとの比較, 第35回日本脳卒中学会総会, 盛岡, 日本, 2010年4月15日-17日.
  • 2).*審良静男, 自然免疫の最近の進歩, 第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 日本, 2010年4月17日.
  • 3).*審良静男, TLR応答の抑制機序とその破綻, 第54回日本リウマチ学会総会・学術集会, 神戸, 日本, 2010年4月22日.
  • 4).*石井 優, 破骨細胞の遊走・位置決めの制御機構:関節リウマチに対する新しい治療法の可能性, 第54回日本リウマチ学会学術集会, 特別企画シンポジウム, 神戸, 日本, 2010年4月24日.
  • 5).Kinoshita M., Yoshioka Y., Okita Y., Hashimoto N., Yoshimine T., MR Molecular Imaging of HER-2 in a Murine Tumor Xenograft by SPIO Labeling of Anti-HER-2 Affibody, The 18th Annual Meeting of the International Society of Magnetic Resonance in Medicine, Stockholm, Sweden, May 1-7, 2010.
  • 6).*Akira S., Negative Regulators in Innate Immune Responses, AAI 2010, Baltimore, USA, May 7-11, 2010.
  • 7).Takahama S., Ohzawa I., Yoshioka Y., Saiki J., Neural basis for monitoring of multiple features-location binding: an event-related functional magnetic resonance imaging study, Annual Meeting of Vision Sciences Society, Florida, USA, May 7-12, 2010.
  • 8).*審良静男, 自然免疫と炎症・免疫応答, 第53回春季日本歯周病学会学術大会, 盛岡, 日本, 2010年5月14日.
  • 9).*石井 優, 生体4Dイメージングによる細胞ダイナミクス研究の最前線, 第62回日本細胞生物学会, ランチョンセミナー, 大阪, 日本, 2010年5月19日.
  • 10).乾 賢, 乾 千珠子, 吉岡芳親, 大澤五住, 志村 剛, 味覚嫌悪学習の想起時における側坐核から腹側淡蒼球への神経投射の活性化:マンガン造影MRI法を用いて, 第87回日本生理学会大会, 盛岡, 日本, 2010年5月19日-21日.
  • 11).吉岡芳親, 及川 浩, 神原芳行, 松村 豊, 江原 茂, 井上 敬, MRSによるヒト骨格筋内温度とpHの非侵襲的同時計測, 第9回日本生理学会大会, 盛岡, 日本, 2010年5月19日-21日.
  • 12).乾 千珠子, 志村 剛, 乾 賢, 精山明敏, 吉岡芳親, 大澤五住, 神経賦活に伴う血流動態および局所脳温度変化の解析, 第9回日本生理学会大会, 盛岡, 日本, 2010年5月19日-21日.
  • 13).*石井 優, 過剰な骨吸収を制御する生理活性物質の発見とその機構の解明~骨組織のライブイメージングより~, 第15回国際食品素材/添加物展・会議 (ifiaJAPAN 2010), 「骨・関節の健康」セミナー, 東京, 日本, 2010年5月20日.
  • 14).*審良静男, 自然免疫:炎症と獲得免疫誘導の要, 第31回癌免疫外科研究会, 大阪, 日本, 2010年5月21日.
  • 15).*審良静男, 自然免疫における認識・シグナル・応答, 日本生化学会九州支部例会, 鹿児島, 日本, 2010年5月22日.
  • 16).*吉岡芳親, 磁気共鳴法を用いたヒト脳の非侵襲的温度測定, Thermal neuromodulation ブラッシュアップカンファレンス, 宇部, 日本, 2010年5月27日.
  • 17).*石井 優, 多光子励起イメージングで見る生体骨組織内の細胞動態~骨代謝の新しい調節作用点の発見~, 第19回骨代謝セミナー, 東京, 日本, 2010年6月4日.
  • 18).*Akira S., Functional Analysis of TLR Inducible Genes by Gene Targeting., Keystone Symposia, Dublin, Ireland, June 7-12, 2010.
  • 19).榎園能章, 久米田博之, 堀内正隆, 小椋賢治, 瀬谷 司, 稲垣冬彦, TICAM-1およびTICAM-2のTIRドメインの立体構造情報に基づいた変異体解析, 第10回蛋白質科学会年会, 札幌, 日本, 2010年6月16日-18日.
  • 20).パティル アシュウィニ, 木下賢吾,中村春木, Domain distribution and intrinsic disorder in hubs in the human protein-protein interaction network, 第10回蛋白質科学会年会, 札幌, 日本, 2010年6月16日-18日.
  • 21).*審良静男, 自然免疫と動脈硬化, 第5回Hypertension Meeting, 大阪, 日本, 2010年6月17日.
  • 22).*Ishii M., Chemokine-mediated migration control of osteoclast precursors visualized by live bone imaging, 3rd International Conference of Osteoimmunology, Santorini, Greece, June 21, 2010.
  • 23).*審良静男, 自然免疫の最近の進歩:TLRによって誘導される遺伝子群の機能, 第75回インターフェロン・サイトカイン学会学術集会, 福岡, 日本, 2010年6月25日.
  • 24).*Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, The First Asian Chemical Biology Conference (ACBC), Seoul, Korea, June 25-27, 2010.
  • 25).*審良静男, 感染防御の要:自然免疫, 第9回国際バイオEXPO, 東京, 日本, 2010年6月30日.
  • 26).*Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, Symposium for "Chemistry at the Frontiers of Biology and Physics", Strasbourg, France, July 1-3, 2010.
  • 27).Tanaka Y., Nakai K., Positional Variations among Heterogeneous Nucleosome Maps Give Dynamic Information on Chromatin, 18th Annual International Conference on Intelligent Systems for Molecular Biology (ISMB 2010), Boston, USA, July 11-13, 2010.
  • 28).*審良静男, 自然免疫と炎症, 8th Future Forum Japan Symposium, 東京, 日本, 2010年7月17日.
  • 29).*Akira S., Toll-like receptor and innate immunity, 16th IUPHAR World Congress of Basis and Clinical Pharmacology (Wordpharma 2010), Copenhagen, Denmark, July 20-23, 2010.
  • 30).*石井 優, 生体2光子励起イメージングで見る骨代謝・骨免疫学, 第28回日本骨代謝学会学術集会, カレントコンセプト, 東京, 日本, 2010年7月22日.
  • 31).*Akira S., Functional Analysis of the LPS inducible genes by gene targeting, Break down of tolerance to self: from innate immunity to auto-immune diseases, Tourtour, France, July 26-31, 2010.
  • 32).*稲垣冬彦, インターフェロン産生系の構造生物学, 第34回阿蘇シンポジウム 感染症と免疫の構造生物学, 阿蘇, 日本, 2010年7月30日-31日.
  • 33).*審良静男, 自然免疫の最前線, 第15回日本病態プロテアーゼ学会学術集会, 大阪, 日本, 2010年8月20日.
  • 34).*Akira S., Roles of TLR inducible genes revealed by gene targeting, The 14th International Congress of Immunology (ICI 2010), Kobe, Japan, August 23, 2010.
  • 35).*Ishii M., Dynamic live imaging of bone marrow cells by using intravital 2-photon microscopy, The 14th International Congress of Immunology (ICI 2010), Lunchtime lecture, Kobe, Japan, August 23, 2010.
  • 36).*石井 優, 生体多光子励起イメージング~生物の「生きたまま」での観察への挑戦, 第6回箱根カンファレンス, 特別講演, 千葉, 日本, 2010年8月28日.
  • 37).乾 千珠子, 志村 剛, 乾 賢, 精山明敏, 岩井康智, 吉岡芳親, 大澤五住, 神経活動に伴う脳局所温度への影響, 第33回日本神経科学会大会, 神戸, 日本, 2010年9月2日-4日.
  • 38).乾 賢, 乾-山本千珠, 吉岡芳親,大澤五住,志村 剛, 味覚嫌悪学習による嗜好性変化における側坐核-腹側淡蒼球投射神経の役割:マンガン造影MRI法を用いて, 第33回日本神経科学会大会, 神戸, 日本, 2010年9月2日-4日.
  • 39).*石井 優, 生体多光子励起イメージング~生物の「生きたまま」での観察への挑戦, 第6回Summer Vascular Conference, 招待講演, 東京, 日本, 2010年9月4日.
  • 40).*石井 優, 生体2光子励起バイオイメージングを用いた細胞組織化学研究の新展開, 第51回日本組織細胞化学会総会・学術集会, ワークショップ, 東京, 日本, 2010年9月5日.
  • 41).Morita M., Harada Y., Tateyama Y., Shin S., Oshima M., Nagamachi S., Komatsu N., Inubushi T, Yoshioka Y., Mn doped naonodiamond for MRI imaging probes, The 21st European Conference on Diamond, Diamond-like Materials, Carbon Nonotubes and Nitrides, Budapest, Hungary, September 5-10, 2010.
  • 42).*Akira S., Functional analysis of LPS-inducible genes, zc3h12a and JMJD3 by gene Targeting, 第10回あわじしま感染症・免疫フォーラム, 淡路, 日本, 2010年9月7日.
  • 43).乾 千珠子, 乾 賢, 大澤五住, 上田甲寅, 岩井康智, 志村 剛, 吉岡芳親, 味覚嫌悪学習の想起によって活性化する扁桃体基底外側核の遠心性投射路:マンガン造影MRI法による解析, 第44回日本味と匂学会大会,北九州, 日本, 2010年9月8日-10日.
  • 44).*Akira S., Innate Immunity and Pathogen Recognition, 2010 World Molecular Imaging Congress (WMIC 2010), Kyoto, Japan, September 9, 2010.
  • 45).西本英明, 吉岡芳親, 石垣大哉, 藤原俊朗, 吉田研二, 小林正和, 小笠原邦明, 虚血性脳血管障害に対するMRSによる脳温度測定の臨床応用, 平成22年度温熱生理研究会, 岡崎, 日本, 2010年9月9日-10日.
  • 46).*審良静男, 自然免疫の最近の進歩, ワクチンフォーラム2010, 東京, 日本, 2010年9月14日.
  • 47).辻 敏之, 中井謙太, ミトコンドリア内膜タンパク質予測法の開発, 第48回日本生物物理学会年会, 仙台, 日本, 2010年9月20日-22日.
  • 48).*Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, EMBL Conference Series - Chemical Biology 2010, Heidelberg, Germany, September 22-25, 2010.
  • 49).*石井 優, 多光子励起顕微鏡を駆使した生体内イメージング, 第69回日本癌学会学術総会, モーニングレクチャー, 東京, 日本, 2010年9月24日.
  • 50).*Akira S., Innate Immune responses, 日独免疫セミナー2010, Cuxhaven, Germany, September 26-29, 2010.
  • 51).Teraguchi S., Ashwini P., Standley D.M, Intrinsically disordered domains deviate significantly from random sequences in innate immune and generic mammalian proteins, InCoB2010 − The 9th International Conference on Bioinformatics, Waseda International Conference Center, Tokyo, Japan, September 26-28, 2010.
  • 52).松田 豪, 松村 豊, 吉岡芳親, 永澤 清, 塚本鉄二, Proton MRS を用いた脳温度分布画像の取得, 第38回日本磁気共鳴医学会大会, つくば, 日本, 2010年9月30日-10月2日.
  • 53).梅田雅宏, 森 勇樹, 吉岡芳親, 河合裕子, 渡辺康晴, 村瀬智一, 中井麻衣, 樋口敏宏, 田中忠蔵, 心拍による腎動脈の血流速度と腎皮質のADCの関係, 第38回日本磁気共鳴医学会大会, つくば, 日本, 2010年9月30日-10月2日.
  • 54).森 勇樹, 吉岡芳親, 小笠原邦昭, 陽性・陰性造影剤の併用によるマウスリンパ管の描出, 第38回日本磁気共鳴医学会大会, つくば, 日本, 2010年9月30日-10月2日.
  • 55).*Akira S., Immune Cell Responses to Endotoxin and Other Microbial Elements, Society for Leukocyte Biology & International Endotoxin and Innate Immunity Society Annual Meeting 2010, Hangzhou, China, October 7-9, 2010.
  • 56).*Ishii M., Visualization of bone marrow cavity by using intravital two-photon microscopy, 22nd Annual Meeting of the Korean Society of Molecular and Cellular Biology, Symposium, Seoul, Korea, October 7, 2010.
  • 57).Kumagai Y., Vandenbon A., Standley D.M., Akira S., Toll-like receptor signaling dictated by co-occurring transcription factors, The 11th International Conference on Systems Biology (ICSB 2010), Edinburgh, Scotland, UK, October 11-14, 2010.
  • 58).*石井 優, 生体多光子励起イメージング~生物の「生きたまま」での観察への挑戦, 2010年度免疫炎症モデル研究会, 招待講演, 大阪, 日本, 2010年10月15日.
  • 59).*Ishii M., Imaging the Mechanisms of Osteoclast Migration, Differentiation and Function, 2010 Annual Meeting of American Society for Bone and Mineral Research, Meet-the-Professor session, Toronto, Canada, October 17, 2010.
  • 60).*Akira S., Chinese Society for Immunology 2010 annual conference, China, October 24-26, 2010.
  • 61).*Kikuchi K., Design and Synthesis of Coumarin-based Zn2+ Probes for Ratiometric Fluorescence Imaging, The 60th Fujihara Seminar-Zinc signaling and cellular functions, Osaka, Japan, October 29-31, 2010.
  • 62).Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, The CSI-IFReC Joint Symposium in Immunology, Hangzhou, China, November 2-5, 2010.
  • 63).Ishii M., Dynamic live imaging of bone marrow cells by using intravital 2-photon microscopy, The CSI-IFReC Joint Symposium on Immunology, Hangzhou, China, November 3, 2010.
  • 64).*審良静男, 自然免疫と病原体認識レセプター, 2010年度日中医学交流会議, 東京, 日本, 2010年11月11日.
  • 65).Tachikawa E., Shima M., Kutsukake M., Yoshiie M., Tamura H., Taira H., Yoshioka Y., Hossain MM, Nakagawa S., Yamato S., Role of geranylgeraniols in adrenal catecholamine secretion, The 40th Annual meeting of Society for Neuroscience, San Diego, USA, November 13-17, 2010.
  • 66).Takahama S., Ohzawa I., Yoshioka Y., Saiki J., Monitoring of multiple features-location binding changes frontoparietal connectivity, The 40th Annual meeting of Society for Neuroscience, San Diego, USA, November 13-17, 2010.
  • 67).津嶋 崇, 榎園能章, 足立わかな, 横地政志, 竹内 理, 審良静男, 稲垣冬彦, Zc3h12a N 末端ドメインの溶液構造, 第49回NMR討論会, 東京, 日本, 2010年11月15日-17日.
  • 68).狩野裕考, 榎園能章, 久米田博之, 小椋賢治, 瀬谷 司, 稲垣冬彦, Mal TIR ドメインの溶液構造, 第49回NMR討論会, 東京, 日本, 2010年11月15日-17日.
  • 69).*Akira S., Innate Immunity and vaccines, The Royal Society in London, London, UK, November 15-16, 2010.
  • 70).*石井 優, 骨・免疫組織の生体多光子励起イメージング:その応用と今後の展開, 東京大学医科学研究所・バイオイメージングシンポジウム2010(ニコンイメージングラボ開設1周年記念), 特別講演, 東京, 日本, 2010年11月15日.
  • 71).*Standley D.M, Restrained docking of protein molecular surfaces, Chemistry Seminar: Columbia Univ., Department of Chemistry, New York, USA, November 22, 2010.
  • 72).*Akira S., Innate Immune Responses: Pathogen Recognition and Signaling, The Nobel Forum, Stockholm, Sweden, November 23, 2010.
  • 73).*Ishii M., Live imaging of cellular dynamics in bone marrow cavity by using intravital multi-photon microscopy, APRU Research Symposium 2010, Kyoto, Japan, November 25, 2010.
  • 74).審良静男, 自然免疫の病原体認識, 第6回千葉小児感染・アレルギー懇話会, 千葉, 日本, 2010年12月2日.
  • 75).田中義章, 中井謙太, in vitro ヌクレオソームポジショニングモデルによる転写因子結合サイトの推定, 第33回分子生物学会年会・第83回日本生化学大会合同大会 (BMB2010), 神戸, 日本, 2010年12月7日-10日.
  • 76).*Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, BMB2010, Kobe, Japan, December 7-10, 2010.
  • 77).*石井 優, 生体多光子励起イメージングによる骨髄ダイナミクスの解明, 第33回日本分子生物学会年会・第33回日本生化学会大会合同大会(BMB2010), ワークショップ, 神戸, 日本, 2010年12月10日.
  • 78).*審良静男, 病原体認識受容体と免疫応答, 第17回外科侵襲とサイトカイン研究会, 千葉, 日本, 2010年12月11日.
  • 79).*Kikuchi K., Design, synthesis and application of molecular imaging probes with tunable chemical switches, Pacifichem 2010, Honolulu, HI, USA, December 15-20, 2010.
  • 80).*審良静男, 自然免疫の最近の進歩, 第35回自然免疫賦活技術研究会, 香川, 日本, 2010年12月24日.
  • 81).*石井 優, 免疫組織の生体多光子励起イメージング, 第24回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム, シンポジウム講演, つくば, 日本, 2011年1月9日.
  • 82).*石井 優, 免疫組織の生体多光子励起イメージング, 第 24 回日本放射光学会年会・放射光科学合同シンポジウム (JSR11) サテライトミーティング, つくば, 日本, 2011年1月11日.
  • 83).*Kikuchi K., Development of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, Which Convert Biological Signals to MRI Contrast Enhancement and Optical Readout, Sweden-Japan Joint Colloquium, "Direct imaging in Bio/Medical science", Lund, Sweden, January 18, 2011.
  • 84).* Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of Molecular Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, Catalysis and Sensing for Health, Bath, UK, January 31- February 2, 2011.
  • 85).*石井 優, 骨組織のライブイメージングによる破骨細胞動態解析, 千里ライフサイエンスセミナー・免疫・感染症シリーズ第3回, 大阪府豊中市, 日本, 2011年2月18日.
  • 86).Akira S., Innate immunity and Pathogen Recognition, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011) , Osaka, Japan, March 1, 2011.
  • 87).Ishii M., Dynamic live imaging of bone marrow cells by using intravital 2-photon microscopy, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011), Toyonaka, Osaka, Japan, March 1, 2011.
  • 88).Kikuchi K., Design, synthesis and biological application of in vivo imaging probes with tunable chemical switches, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011), Toyonaka, Osaka, Japan, March 1, 2011.
  • 89).Takeuchi O., Regulation of inflammatory responses by TLR-inducible genes, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism " (TCUID 2011), Toyonaka, Osaka, Japan, March 1, 2011.
  • 90).Inagaki F., Structural biology of innate immunity, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011), Toyonaka, Osaka, Japan, March 1, 2011.
  • 91).Smith, N. I., Novel imaging techniques for immunology, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011), Toyonaka, Osaka, Japan, March 1, 2011.
  • 92).NAKAI K., Finding common rules in the cis-regulatory architecture of promoter regions that are responsible for immune-responses, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011), Toyonaka, Osaka, Japan, March 1, 2011.
  • 93).SUZUKI Y., Integrative transcriptome analysis using IlluminaGA, International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011), Toyonaka, Osaka, Japan, March 1, 2011.

受賞

  • 2011年3月 審良静男、ガードナー国際賞

3 図書出版 計( 0 )件

4 産業財産権の出願(出願中で未登録のものに限る) 計( 0 )件

5 産業財産権の登録(登録済みのものに限る) 計( 0 )件

6 学術シンポジウム等(主催したもののみを記載) 計( 1 )件

通し
番号
開催期間 実施した
補助事業者
標題 主な会場 (収容可能人数) 参加者数
1 2011年3月1日~2日 大阪大学 International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011) 千里阪急ホテル (150人) 151人

7 市民に対するアウトリーチ活動 (実験教室の開催、冊子作成等)計( 8 )件

通し
番号
実施期間 実施した補助事業者 標題 実施内容 実施場所(配布先) 成果(参加者数、配布数等)
1 2010年8月10日 大阪大学 (石井 優) 最新のバイオイメージング技術で見る生命の神秘 実験教室の開催
(サブテーマリーダーによる発表)
大阪大学免疫学フロンティア研究センター 高校生52名
2 2010年10月10日 大阪大学(審良静男) 解説「免疫ダイナミズムの統合的理解と免疫制御法の確立」 本プロジェクトの研究内容の概要
(中心研究者による発表)
生産と技術、2010年秋号
Vol.62, No.4, pp.69-71, 2010.
生産技術振興協会法人会員及び大阪大学理系研究科教授への配布(配布は生産技術振興協会が行う。)
3 2010年11月9日 大阪大学
(主催:アートエリアB1、共催:大型教育研究プロジェクト支援室)
サイエンスカフェ「カフェオンザ・エッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」 第1回「生体ライブ映像の主役『蛍光プローブ分子』の開発者が追っていること」
ゲスト: 菊地和也
(サブテーマリーダーによる発表)
アートエリアB1(京阪なにわ橋駅地下1階コンコース) 一般市民 47名
4 2010年11月16日 大阪大学
(主催:アートエリアB1、共催:大型教育研究プロジェクト支援室)
サイエンスカフェ「カフェオンザ・エッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」 第2回「細胞ライブカメラが追う、まだ誰も見ていない世界」
ゲスト: 石井 優
(サブテーマリーダーによる発表)
アートエリアB1(京阪なにわ橋駅地下1階コンコース) 一般市民 59名
5 2011年1月18日 大阪大学
(主催:アートエリアB1、共催:大型教育研究プロジェクト支援室)
サイエンスカフェ「カフェオンザ・エッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」 第3回「免疫の不思議」
ゲスト: 審良静男、黒崎知博
(中心研究者による発表)
アートエリアB1(京阪なにわ橋駅地下1階コンコース) 一般市民 86名
6 2011年3月1日~2日 大阪大学 最先端研究開発支援プログラム「免疫ダイナミズムの統合的理解と免疫制御法の確立」 本プロジェクトの研究紹介パンフレット
(国際シンポジウムでの議論を円滑に行うため、及び本プロジェクトの広報目的で配付)
(中心研究者・サブテーマリーダーによる、研究課題全体の概要及び各サブテーマの研究内容の概要を発表)
国際シンポジウムTCUID 2011参加者・学内外関係機関およびアウトリーチ活動開催時の配布用 300部
7 2011年3月1日~2日 大阪大学 FIRST Program "Comprehensive understanding of immune dynamism: toword manipulation of immune responses" 本プロジェクトの研究紹介パンフレット(上記の英語版) 国際シンポジウムTCUID 2011参加者・学内外関係機関およびアウトリーチ活動開催時の配布用 300部
8 2010年12月~2011年3月 (独)科学技術振興機構、大阪大学 FIRSTサイエンスフォーラム ~ トップ科学者と若者で切り拓く未来 ~ 展示パネル、研究者紹介ビデオ、研究紹介ビデオの作成協力(中心研究者による発表) HP及び公開シンポジウム会場(東京丸ビルホール、大阪 ル・エミエール、国立京都国際会館、東京ゲートシティーホール) 905名

8 ホームページ

トップページURL 公開日 総閲覧数(PV)
(公開日から報告日まで)
純閲覧数(UU)
(公開日から報告日まで)
http://akira-pj.lserp.osaka-u.ac.jp/index.html 2010年9月24日 55,644 5,301


平成22年度 報道等実績報告

実績(平成22年度合計) 総合計( 14 )件

件数:テレビ 計( 0 )件、新聞 計( 8 )件、雑誌(学術誌除く) 計( 0 )件、その他 計( 6 )件

通し
番号
媒体の種類 放送チャンネル名
掲載媒体名等
番組名
掲載見出し等
放送・掲載
年月日
掲載面等
1 その他 文部科学時報 若き光学研究者の活躍
免疫学フロンティア研究センター准教授
ニコラス・アイザック・スミス
2010年5月10日 2010年5月号, p.38.
2 その他 JST産学官連携ジャーナル 免疫学の大革命がはじまった! 2010年6月15日 http://sangakukan.jp/journal/journal_contents/
2010/06/cover/1006_all.pdf
#search='産学官連携ジャーナル
免疫学の大革命がはじまった'
3 その他 トムソン・ロイター 免疫学の解明がもたらす医療イノベーション 2010年8月 http://science.thomsonreuters.jp/interview/akira/
4 その他 ScienceNOW Lasers Set Hearts Aflutter 15 August 2010 http://news.sciencemag.org/sciencenow/
2010/08/lasers-set-hearts-aflutter.html?ref=hp
5 その他 NewScientist Laser sets quail embryos' hearts racing 15 August 2010 http://www.newscientist.com/article/
dn19310-laser-sets-quail-embryos-hearts-racing.html
6 新聞 産経新聞 破骨細胞ブロック 2010年12月7日 1面
7 新聞 毎日新聞 骨の破壊制御 仕組み解明 2010年12月7日 2面(総合)
8 新聞 日経産業新聞 破骨細胞の動き阻害 2010年12月7日 10面(先端技術)
9 新聞 日刊工業新聞 破骨細胞制御機構を解明
阪大 骨破壊の治療標的に
2010年12月7日 朝刊
10 その他 Medical Tribune TLRファミリーの同定からワクチンデザイン構築の新時代へ 2011年2月10日 http://mtpro.medical-tribune.co.jp/mtnews/
2011/M44060281/
11 新聞 毎日新聞 ガードナー賞に審良・阪大教授 2011年3月26日 社会
12 新聞 読売新聞 ガードナー賞に審良・阪大教授 2011年3月26日 教育
13 新聞 朝日新聞 ガードナー国際賞に審良・阪大教授 2011年3月26日 社会
14 新聞 日本経済新聞 審良・阪大教授にカナダの医学賞 2011年3月30日 社会

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader