平成23年度 研究成果発表実績

1.雑誌論文 計( 21 )件  うち査読付論文 計( 21 )件

※最先端研究開発支援プログラムへの謝辞が明記されている論文に限る。

  • 1). Mizukami S., Matsushita H., Takikawa R., Sugihara F., Shirakawa M., Kikuchi K., 19F MRI detection of β-galactosidase activity for imaging of gene expression. Chem. Sci., 2(6): 1151-1155, 2011.
  • 2). Yoshimura, A., Mizukami, S., Hori, Y., Watanabe, S., Kikuchi, K., Cell-Surface Protein Labeling with Luminescent Nanoparticles through Biotinylation by Using Mutant β-Lactamase-Tag Technology. ChemBioChem, 12(7): 1031-1034, 2011.
  • 3). Sadhu, K. K., Mizukami, S., Hori, Y., Kikuchi, K., Switching Modulation for Protein Labeling with Activatable Fluorescent Probes. ChemBioChem, 2(9): 1299-1308, 2011.
  • 4). Honda M., Saito Y., Smith N.I., Fujita K., Kawata S., Nanoscale heating of laser irradiated single gold nanoparticles in liquid. Optics Express, 19(13): 12375-12383, 2011.
  • 5). Kanai A., Suzuki K., Tanimoto K., Mizushima-Sugano J., Suzuki Y., Sugano S., Characterization of STAT6 target genes in human B cells and lung epithelial cells. DNA Res., 18(5): 379-392, 2011.
  • 6). Takeuchi O., Akira S., Epigenetic control of macrophage polarization. Eur. J. Immunol., 41(9): 2490-2493, 2011.
  • 7). Mizukami S., Yamamoto T., Yoshimura A., Watanabe S., Kikuchi K., Covalent Protein Labeling with a Lanthanide Complex and Its Application to Photoluminescence Lifetime-Based Multicolor Bioimaging. Angew. Chem., Int. Ed., 50(37): 8750-8752, 2011.
  • 8). Sekiguchi M., Kobashigawa Y., Kawasaki M., Yokochi M., Kiso T., Suzumura KI., Mori K., Teramura T., Inagaki F., An evaluation tool for FKBP12-dependent and -independent mTOR inhibitors using a combination of FKBP-mTOR fusion protein, DSC and NMR. Protein Eng. Des. Sel., 24(11): 811-817, 2011.
  • 9). Kowada T., Kikuta J., Kubo A., Ishii M., Maeda H., Mizukami S., Kikuchi K., In Vivo Fluorescence Imaging of Bone-Resorbing Osteoclasts. J. Am. Chem. Soc., 133(44): 17772-17776, 2011.
  • 10). Akira S., Innate immunity and adjuvants. Phil. Trans. R. Soc. Lond B. Biol. Sci., 366(1579): 2748-2755, 2011.
  • 11). Liang S., Zheng D., Zhang C., Standley D.M., Fast and accurate prediction of protein side-chain conformations. Bioinformatics, 27(20): 2913-2914, 2011.
  • 12). Okamura K., Yamashita R., Takimoto N., Nishitsuji K., Suzuki Y., Kusakabe G T., Nakai K., Profiling ascidian promoters as the primordial type of vertebrate promoter. BMC Genomics, 12(3): S7-1-S7-11, 2011.
  • 13). Patil A., Nakai K., Kinoshita K., Assessing the utility of gene co-expression stability in combination with correlation in the analysis of protein-protein interaction networks. BMC Genomics, 12(3): S19-1-S19-11, 2011.
  • 14). Iwasaki H., Takeuchi O., Teraguchi S., Matsushita K., Uehata T., Kuniyoshi K., Satoh T., Saitoh T., Matsushita M., Standley D.M., Akira S., The IκB kinase complex regulates the stability of cytokine-encoding mRNA induced by TLR-IL-1R by controlling degradation of regnase-1. Nature Immunology, 12(12): 1167-1175, 2011.
  • 15). Kobashigawa Y., Tomitaka A., Kumeta H., Noda N.N., Yamaguchi M., Inagaki F., Autoinhibition and phosphorylation-induced activation mechanisms of human cancer and autoimmune disease-related E3 protein Cbl-b. Proc. Natl. Acad. Sci. USA., 108(51):20579-20584, 2011.
  • 16). Patil A., Teraguchi S., Dinh H., Nakai N., Standley D., Functional annotation of intrinsically disordered domains by their amino acid content using IDD Navigator. Proceedings of Pacific Symposium on Biocomputing 2012, 17: 164-175, 2012.
  • 17). Mizukami S., Watanabe S., Akimoto Y., Kikuchi K., No-Wash Protein Labeling with Designed Fluorogenic Probes and Application to Real-Time Pulse-Chase Analysis. J. Am. Chem. Soc., 134(3): 1623-1629, 2012.
  • 18). Standley D.M., van der Giezen M., Modeling the alternative oxidase from the human pathogen Blastocystis using automated hybrid structural template assembly. Research and Reports in Biochemistry, 2: 1-8, 2012.
  • 19). Okada S., Mizukami S., Kikuchi K., Switchable MRI contrast agents based on morphological changes of pH-responsive polymers. Bioorg. Med. Chem., 20(2): 769-774, 2012.
  • 20). Sadhu K. K., Mizukami S., Lanam C. R., Kikuchi K., Fluorogenic Protein Labeling through Photoinduced Electron Transfer-Based BL-Tag Technology. Chem. Asian J., 7(2): 272-276, 2012.
  • 21). Tani H., Mizutani R., Salam K.A., Tano K., Ijiri K., Wakamatsu A., Isogai T., Suzuki Y., Akimitsu N., Genome-wide determination of RNA stability reveals hundreds of short-lived noncoding transcripts in mammals. Genome Res., 22(5): 947-956, 2012.

〔参考:平成22年度実施状況報告書にもin pressとして掲載した論文〕

2012年5月31日付けで刊行予定であるが、2012年3月31日付けで電子ジャーナルは公開済み。

  • Ishii T., Kawamura S., Nishiyama I., Kikuta J., Ishii M., Use of intravital microscopy and in vitro chemotaxis assays to study the roles of sphingosine-1-phosphate in bone homeostasis. Methods Mol. Biol., 874: 129-139, 2012.

2.学会発表 計( 183 )件  うち招待(依頼)講演 計( 82 )件

※招待(依頼)講演に、*を付している。

〔国内発表〕

  • 1). *石井 優, 2光子励起による骨髄・免疫組織イメージング, 第28回日本医学会総会学術講演会, 東京, 日本, 2011年4月10日.
  • 2). *審良静男, 病原体認識とその活性化メカニズム, 第85回日本感染症学会総会・学術講演会, ザ・プリンスパークタワー東京, 東京, 日本, 2011年4月21-22日.
  • 3). *石井 優, バイオイメージングによる生物の「生きたまま」での観察への挑戦:内分泌学研究への応用, 第84回日本内分泌学会学術総会, 神戸国際会議場/神戸国際展示場, 兵庫, 日本, 2011年4月22日.
  • 4). *審良静男, 自然免疫と病原体認識, 第100回日本病理学会総会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2011年4月29日.
  • 5). 中木恭兵, 堀 雄一郎, 菊地和也, Development of Novel Protein Labeling Method Based on Photoactive Yellow Protein and Cinnamic Acid Derivative, 日本分子イメージング学会, 大阪, 日本, 2011年5月9日.
  • 6). 松下尚嗣, 水上 進, 森 勇樹, 杉原文徳, 白川昌宏, 吉岡芳親, 菊地和也, 遺伝子発現のin vivoイメージングを目指した19F MRIプローブの開発研究, 日本分子イメージング学会, 大阪, 日本, 2011年5月9日.
  • 7). 吉村彰真, 水上 進, 森 勇樹, 吉岡芳親, 菊地和也, 細胞表面タンパク質への機能性ナノ粒子修飾法の開発, 日本分子イメージング学会, 大阪, 日本, 2011年5月9日.
  • 8). *Akira S., Zc3h12a, a zinc finger domain-containing RNase involved in the immune response, The 13th International TNF Conference (TNF 2011), Awaji Yumebutai International Conference Center, Hyogo, Japan, May 15-18, 2011.
  • 9). *Nakai K., Towards understanding the role of cis-regulatory regions in evolution, 44th Annual Meeting for the Japanese Society of Developmental Biologists (Cosponsor: the Asia-Pacific Developmental Biology Network), Okinawa Convention Center, Okinawa, Japan, May 21, 2011.
  • 10). Sadhu K. K. , Mizukami S., Kikuchi K., Turn-on Fluorescence Switch Involving Aggregation-Separation Process for BL-Tag, IUPAC International Congress on Analytical Sciences 2011 (ICAS 2011), Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, May 22-26, 2011.
  • 11). 馬場玲輔, 堀 雄一郎, 菊地和也, Development of Novel Fluorescence Probes to Detect Histone Modification Enzymes Activity, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京, 日本, 2011年5月23-25日.(ポスター賞受賞)
  • 12). 堀 雄一郎, 江頭有佳, 村松慎一, 菊地和也, アセチルコリン受容体結合ペプチドによる蛋白質の神経細胞導入に関する研究, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京, 日本, 2011年5月23-25日.
  • 13). 秋元悠里, 水上 進, 菊地和也, 変異体β-ラクタマーゼをタグとする細胞内タンパク質ラベル化法の開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京, 日本, 2011年5月23-25日.
  • 14). 中村竜也, 水上 進, 菊地和也, 固相コンビナトリアル法を用いた希土類蛍光プローブの開発, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京, 日本, 2011年5月23-25日.
  • 15). 松下尚嗣, 水上 進, 森 勇樹, 杉原文徳, 白川昌宏, 吉岡芳親, 菊地和也, 遺伝子発現のin vivoイメージングを目指した19F MRIプローブの開発研究, 日本ケミカルバイオロジー学会第6回年会, 東京工業大学大岡山キャンパス, 東京, 日本, 2011年5月23-25日.
  • 16). *審良静男, Innate immunity and inflammatory response, 第76回日本インターフェロンサイトカイン学会, 全日空ゲートタワーホテル大阪, 大阪, 日本, 2011年5月25-27日.
  • 17). *石井 優, 骨組織のライブイメージングによる破骨細胞動態の解析, 第6回日本分子イメージング学会学術集会, 神戸国際会議場, 兵庫, 日本, 2011年5月27日.
  • 18). *審良静男, 自然免疫と炎症反応, 第32回日本炎症・再生医学会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2011年6月3日.
  • 19). *石井 優, Live imaging of bone cell dynamics, 第32回日本炎症・再生医学会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2011年6月3日.
  • 20). Patil A., Kinoshita K., Nakamura H., Nakai K., Interaction promiscuity and correlation evolution in protein-protein interaction networks, the 11th Annual Meeting of the Protein Science Society of Japan, Hotel Hankyu Expo Park, Osaka, Japan, June 7, 2011.
  • 21). *石井 優, 生体多光子励起イメージングによる骨・免疫組織での細胞動態の解明:その実際と今後の展開, 京都大学・ライカマイクロシステムズイメージングセンター開設記念「バイオイメージングセミナー」, 京都大学iPS細胞研究所, 京都, 日本, 2011年6月7日.
  • 22). *岩崎秀典, The CCCH-type Zinc finger protein Zc2h12a is a novel RNase essential for controlling immune responses by regulating mRNA decay, 第6回研究所ネットワーク国際シンポジウム, 東京医科歯科大学, 東京, 日本, 2011年6月9-10日.
  • 23). 松本健吾, 水上 進, 菊地和也, 光照射による薬物放出制御システムの開発, 第27回日本DDS学会学術集会, 東京大学本郷キャンパス, 東京, 日本, 2011年6月9-10日.
  • 24). *Takeuchi O., Zc3h12a, an RNase promoting Interleukin 6 mRNA decay, undergoes posttranscriptional modification to pathogenic stimuli, The 16th Annual Meeting of the RNA Society, The RNA Society of Japan 13th Annual Meeting (RNA2011), Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, June 14-18, 2011.
  • 25). *審良静男, 自然免疫:認識・シグナル・応答, 第15回腸内細菌学会, 東京医科歯科大学, 東京, 日本, 2011年6月16-17日.
  • 26). 齊藤達哉, Antiviral Protein Viperin Promotes Lipid Droplet-Mediated TLR7/9-Induced Production of Type I IFN by Plasmacytoid Dendritic Cells, 第63回日本細胞生物学会大会, 北海道大学, 北海道, 日本, 2011年6月27-29日.
  • 27). *審良静男, 自然免疫と炎症, 第20回栃木膠原病と腎カンファランス, 宇都宮グランドホテル, 栃木, 日本, 2011年7月8日.
  • 28). Yosvany L., Nakai K., Analysis of the regulatory regions of co-expressed genes in Arabidopsis thaliana, the 9th International Workshop on Advanced Genomics, National Center of Science, Tokyo, Japan, July 12-14, 2011.
  • 29). *審良静男, 自然免疫:病原体認識と炎症応答, 第41回日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会総会学術大会, 甲府富士屋ホテル, 山梨, 日本, 2011年7月16-17日.
  • 30). *石井 優, 骨組織の蛍光イメージング解析:その進歩と今後の展開, 第29回日本骨代謝学会学術集会, 大阪国際会議場, 大阪, 日本, 2011年7月29日.
  • 31). *石井 優, 生体多光子励起イメージングによる生きた細胞動態の解析:骨・免疫組織を中心に, 第4回Vascular Medicine研究会, ANAクラウンプラザホテル大阪, 大阪, 日本, 2011年7月29日.
  • 32). *審良静男, 自然免疫と炎症・免疫応答, 第64回神奈川リウマチ医会, かながわ労働プラザ, 神奈川, 日本, 2011年7月30日.
  • 33). *石井 優, 骨転移巣など種々の組織でのがん細胞動態のintravital imaging, 平成23年度文部科学省新学術領域研究「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」公開シンポジウム, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 日本, 2011年8月9日.
  • 34). *石井 優, Intravital multiphoton imaging of bone-resorbing osteoclasts in situ, 8th Meeting of Bone Biology Forum, 富士教育研修所, 静岡, 日本, 2011年8月19日.
  • 35). *石井 優, 生体多光子イメージングで見る骨組織内部の世界:骨代謝・骨免疫研究の新展開, 第13回なにわ骨代謝・骨腫瘍研究会, ホテルニューオータニ大阪, 大阪, 日本, 2011年8月27日.
  • 36). 早坂直人, 吉岡芳親, 東野英明, 松尾 理, 竹森 洋, 村上卓道, Micro-CT, micro-MRIによる脳疾患の非侵襲的画像診断法の確立と各種病態モデル研究への応用, 第20回バイオイメージング学会学術集会, 千歳市民文化センター中ホール, 北海道, 日本, 2011年8月31日-9月2日.
  • 37). *審良静男, 自然免疫と病原体認識, 第10回国立病院機構近畿中央胸部疾患センター臨床研究センター総会, 近畿中央胸部疾患センター, 大阪, 日本, 2011年9月2日.
  • 38). *吉岡芳親, Human brain temperature changes at physiological conditions are detectable noninvasively by magnetic resonance spectroscopy, 第13回日本ヒト脳機能マッピング学会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2011年9月2日.
  • 39). Uematsu S., Immune Responses of Lamina Propria Cells in Enterobacterial Infection, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (IUMS2011), Sapporo Convention Center, Hokkaido, Japan, September 6-10, 2011.
  • 40). *竹内 理, 自然免疫と炎症の調節メカニズム, 第4回Symphony, ホテルメトロポリタンエドモント飯田橋, 東京, 日本, 2011年9月10-11日.
  • 41). *Akira S., Nucleic Acids Sensing by innate immunity, International Union of Microbiological Societies 2011 Congress (IUMS2011), Sapporo Convention Center Hokkaido, Japan, September 11-16, 2011.
  • 42). 吉村彰真, 水上 進, 森 勇樹, 吉岡芳親, 菊地和也, 細胞表面タンパク質への機能性ナノ粒子ラベル化法の開発と応用, 生体機能関連化学部会 若手フォーラム, つくば国際会議場, 茨城, 日本, 2011年9月11日.
  • 43). 堀 雄一郎, 中木恭兵, 則信智哉, 菊地和也, Development of Novel Protein Labeling Method Based on Photoactive Yellow Protein and Coumarin Derivative (口頭発表), 第5回バイオ関連化学シンポジウム, つくば国際会議場, 茨城, 日本, 2011年9月12-14日.
  • 44). 吉村彰真, 水上 進, 森 勇樹, 吉岡芳親, 菊地和也, Development of Labeling Method for Cell-Surface Proteins with Functional Nanoparticles, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, つくば国際会議場, 茨城, 日本, 2011年9月12-14日.
  • 45). 則信智哉, 堀 雄一郎, 菊地和也, Development of Novel Protein Labeling Method Based on Photoactive Yellow Protein and Coumarin Derivative (ポスター発表), 第5回バイオ関連化学シンポジウム, つくば国際会議場, 茨城, 日本, 2011年9月12-14日.
  • 46). *小橋川敬博, 久米田博之, 稲垣冬彦, Phosphorylation induced conformation change and its biological implication, 第49回日本生物物理学会年会, 兵庫県立大学姫路書写キャンパス, 兵庫, 日本, 2011年9月16-18日.
  • 47). Nicholas I. Smith, 藤田克昌, 河田 聡, Cevayir Coban, Time-resolved Raman imaging of malarial hemozoin, 第49回日本生物物理学会年会The 49th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan, 兵庫県立大学姫路書写キャンパス, 兵庫, 日本, 2011年9月16-18日.
  • 48). *審良静男, 自然免疫と炎症, 第28回日本医学会総会, 東京ビックサイト, 東京, 日本, 2011年9月17-19日.
  • 49). 遠山稿二郎, 吉岡芳親, 松村豊, 小笠原勝利, 佐藤綾子, 畠山莉加, 石田欣二, 花木賢一, コモン・マーモセットの脳形態解析における超高磁場MRIの有効性, 日本獣医解剖学会総会, 大阪府立大学, 大阪, 日本, 2011年9月20-21日.
  • 50). *審良静男, 自然免疫の最前線, 第84回日本生化学会大会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2011年9月21-24日.
  • 51). 森 勇樹, 朱 大松, 駒井 豊, Thanikachalam P. V., 福永雅喜, 吉岡芳親, 磁性粒子を用いた炎症モデルマウスの免疫細胞動態の描出, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, リーガロイヤルホテル小倉, 福岡, 日本, 2011年9月29日-10月1日.(第39回日本磁気共鳴医学会大会学術奨励賞(大会長賞)受賞)
  • 52). 福永雅喜, 森 勇樹, 吉岡芳親, ラット脳MRマイクロイメージングにおける組織コントラストの検討, 第39回日本磁気共鳴医学会大会, リーガロイヤルホテル小倉, 福岡, 日本, 2011年9月29日-10月1日.
  • 53). *石井 優, 生体多光子励起イメージングによる骨髄・免疫細胞の動態解析, 平成23年度生理研研究会「神経活動の光操作」, 自然科学研究機構岡崎カンファレンスセンター, 愛知, 日本, 2011年9月29日.
  • 54). *審良静男, Innate Immunity in Mammals, カナダ大使館主催 日加科学技術協力協定25周年記念式典 2011年ガードナー賞記念講演会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2011年10月1日.
  • 55). *石井 優, Live imaging of bone marrow cavity by using 2-photon microscopy, 第70回・日本癌学会学術総会, 名古屋国際会議場, 愛知, 日本, 2011年10月4日.
  • 56). Smith N. I., Bioimaging of Cell Functions for Immunology, Nanophotonics Symposium 2011, Miyagi, Japan, October 8-10, 2011.
  • 57). *竹内 理, 自然免疫応答調節メカニズム, 第19回肺リモデリング研究会, 東京ステーションコンファレンス, 東京, 日本, 2011年10月15日.
  • 58). *審良静男, 新しい自然免疫学, 「自然免疫, その新展開」シンポジウム, 東商ホール, 東京, 日本, 2011年11月4日.
  • 59). *石井 優, 生体多光子励起イメージングによる炎症細胞動態と微小環境の可視化, 第61回日本アレルギー学会秋季学術集会, グランドプリンスホテル新高輪, 東京, 日本, 2011年11月11日.
  • 60). *石井 優, 菊田順一, 骨組織の生体多光子励起イメージングによる破骨細胞動態の解析, 第61回日本アレルギー学会秋季学術集会, グランドプリンスホテル新高輪, 東京, 日本, 2011年11月12日.
  • 61). *Akira S., The Role of mRNA Degradation in Immunity and Inflammation, Bio-Rheumatology International Congress(BRIC) Tokyo, The 8th GARN Meeting, Hilton Tokyo Bay Hotel, Chiba, Japan, November 14-15, 2011.
  • 62). Yokogawa M., Yoshida N., Kobashigawa Y., Ogura K., Harada K., Inagaki F., NMR Analyses of the protein-membrane interaction by using phosphoinositide-incorporated lipid-protein nanodiscs, The International Symposium on Nuclear Magnetic Resonance 2011 (ISNMR 2011), OSANBASHI Hall, Kanagawa, Japan, November 15-18, 2011.
  • 63). *石井 優, 生体多光子励起イメージングで見る、生きたままの細胞動態~骨・免疫・がん研究への応用, 最先端蛍光イメージングセミナー, 大阪大学大学院医学系研究科, 大阪, 日本, 2011年11月17日.
  • 64). *石井 優, 国際共同研究-日欧間での研究交流の一例, J-BILAT-英国大使館 成功事例ワークショップ 「医療・バイオテクノロジー分野で日欧研究開発協力」(J-BILAT Workshop), 大阪大学中之島センター, 大阪, 日本, 2011年11月23日.
  • 65). *河合太郎, Dissection of signaling pathways through innate receptors that sense foreign nucleic acids, 第40回日本免疫学会学術集会, 幕張メッセ, 千葉, 日本, 2011年11月27-29日.
  • 66). 佐藤 荘, The Jmjd3-Irf4 axis regulates M2 macrophage polarization and host responses against helminth infection, 第40回日本免疫学会学術集会, 幕張メッセ, 千葉, 日本, 2011年11月27-29日.
  • 67). 丸山健太, TANKは破骨細胞分化および骨形成を抑制する, 第40回日本免疫学会学術集会, 幕張メッセ, 千葉, 日本, 2011年11月27-29日.
  • 68). 鄒 健, The Ubiquitin Ligase TRIM56 Regulates Innate Immune Responses to Intracellular Double-Stranded DNA, 第40回日本免疫学会学術集会, 幕張メッセ, 千葉, 日本, 2011年11月27-29日.
  • 69). Surya Pandey, Generation and phenotype analysis of NLRC5 knock out mice, 第40回日本免疫学会学術集会, 幕張メッセ, 千葉, 日本, 2011年11月27-29日.
  • 70). *石井 優, 菊田順一, Imaging of bone-resorbing osteoclast function regulated by interactions with immune cells in situ, 第40回日本免疫学会学術集会, 幕張メッセ, 千葉, 日本, 2011年11月28日.
  • 71). *ニコラス・スミス, 藤田克昌, ジェヴァイア・チョバン, 熊谷雄太郎, Laser light in live cell microscopy, 日本光学会年次学術講演会, 大阪大学コンベンションセンター, 大阪, 日本, 2011年11月28-30日.
  • 72). *Akira S., Innate Immunity and Pathogen Recognition, 8th AFMC International Medicinal Chemistry Symposium "Frontier of Medicinal Science" (AIMECS2011), Keio Plaza Hotel, Tokyo, Japan, November 29 - December 2, 2011.
  • 73). *審良静男, Regulation of the immune response by the zinc finger domain containing nuclease, Regnase-1/Zc3h12a, 第28回国際心臓研究学会(ISHR)日本部会, 学術総合センター, 東京, 日本, 2011年12月2-3日.
  • 74). *竹内 理, RIG-IファミリーによるRNAウイルス認識の生理的意義, 平成23年度北海道大学遺伝子病抑制制御研究所共同研究集会「感染・免疫・炎症・発癌」, 北海道大学, 北海道, 日本, 2011年12月5-6日.
  • 75). *竹内 理, Epigenetic regulation of macrophage polarization, 第34回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2011年12月13-16日.
  • 76). 齊藤達哉, 好中球はNeutrophil extracellular traps によりHuman immunodeficiency virus-1を排除する, 第34回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2011年12月13-16日.
  • 77). 三澤拓馬, 尿酸結晶によるNALP3インフラマソーム活性化の時空間制御の解明, 第34回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2011年12月13-16日.
  • 78). Lee Hanna, Zinc finger antiviral proteinはガンマレトロウイルスに対する感染防御応答を制御する, 第34回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2011年12月13-16日.
  • 79). *石井 優, 菊田順一, 生体骨組織イメージングによる破骨細胞機能の生理的調節機構の解明, 第34回日本分子生物学会年会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2011年12月14日.
  • 80). 松下尚嗣, 水上 進, 菊地和也, Development of 19F MRI Probes for Imaging Gene Expression, The 11th Global COE International Symposium(第11回グローバルCOE生命環境化学国際会議), Icho Kaikan, Osaka University, Osaka, Japan, December 19, 2011.
  • 81). Okada S., Mizukami S., Kikuchi K., MRI Contrast Agents Based on pH-Responsive Core-Shell Nanoparticles for r2/r1 Ratiometric pH Imaging, The 11th Global COE International Symposium (第11回グローバルCOE生命環境化学国際会議), Icho Kaikan, Osaka University, Osaka, Japan, December 20, 2011.
  • 82). Yoshimura A., Mizukami S., Kikuchi K., Development of Labeling Method for Cell-Surface Protein with Fluorescent Nanoparticles, The 11th Global COE International Symposium (第11回グローバルCOE生命環境化学国際会議), Icho Kaikan, Osaka University, Osaka, Japan, December 20, 2011.
  • 83). 寺口俊介, Stochastic binary modeling of cells in continuous time as an alternative to biochemical reaction equations, 定量生物学の会 第四回年会, 名古屋大学, 愛知, 日本, 2012年1月7-9日.
  • 84). 熊谷雄太郎, 自然免疫応答におけるRNA代謝の定量化, 定量生物学の会 第四回年会, 名古屋大学, 愛知, 日本, 2012年1月7-9日.
  • 85). Tartey Sarang, Akirin2 as a Conserved Nuclear Factor Involved in NF-κB Dependant Gene Expression in Inflammation, IFReC-SIgN Winter School on Advanced Immunology, Awaji Yumebutai International Conference Center, Hyogo, Japan, January 16-20, 2012.
  • 86). *石井 優, 生体多光子励起イメージング ~生命現象の「生きたまま」での観察とその医療への応用~, 2011年度東京大学医学部基礎統合講義, 東京大学, 東京, 日本, 2012年1月17日.
  • 87). *Ishii M., Kikuta J., Kagawa Y., Intravital multiphoton imaging of bone cell dynamics, immune systems, and cancers, IFReC-SIgN Winter School on Advanced Immunology, Awaji Yumebutai International Conference Center, Hyogo, Japan, January 19, 2012.
  • 88). *審良静男, 自然免疫と炎症・免疫疾患, 第3回先進医療フォーラム, 大阪国際会議場, 大阪, 日本, 2012年1月21日.
  • 89). *石井 優, 生きた個体での多光子励起イメージング~骨・免疫・がん研究への応用, 第6回小動物インビボイメージング研究会, 大阪大学, 大阪, 日本, 2012年1月21日.
  • 90). *石井 優, From cartoon to real biology: intravital multiphoton imaging of cellular dynamics in bone resorption, inflammation and cancers, 熊本大学グローバルCOEリエゾンラボ研究会, 熊本大学, 熊本, 日本, 2012年2月8日.
  • 91). *審良静男, 自然免疫の最近の進歩, 全身性炎症疾患の病因・病態の解明に関する研究助成・第1回研究発表会, 霞山会館, 東京, 日本, 2012年2月11日.
  • 92). *審良静男, 自然免疫と炎症反応, 第8回宮崎サイエンスキャンプ, シーガイアコンベンションセンター, 宮崎, 日本, 2012年2月17-18日.
  • 93). 鈴木一博, Visualizing the dynamics of humoral immune responses, GCOE seminar, 東京大学医科学研究所, 東京, 日本, 2012年2月21日.
  • 94). *石井 優, 生きた個体での多光子励起イメージング ~骨・免疫・がん研究への応用, 獨協医科大学臨時基礎棟セミナー, 獨協医科大学, 栃木, 日本, 2012年2月29日.
  • 95). *Suzuki K., Visualizing antigen encounter during early B cell responses, The 5th Immunoparasitology Meeting, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 1-2, 2012.
  • 96). *石井 優, 生体多光子励起イメージングによるvividな細胞動態の観察~骨・免疫・がん研究への応用, 文部科学省科学研究費補助金・新学術領域研究「蛍光生体イメージ」・2011年度Vivid Workshop, 山代温泉ホテル瑠璃光, 石川, 日本, 2012年3月1日.
  • 97). *審良静男, 自然免疫と脂質異常, 第24回腎と脂質研究会, メルパルク京都, 京都, 日本, 2012年3月3日.
  • 98). *石井 優, 最新のバイオイメージングによる免疫炎症・骨破壊の解析とそのリウマチ臨床応用への可能性, 学術講演会, 山の上ホテル, 東京, 日本, 2012年3月8日.
  • 99). Kawai T., Signaling pathways through innate receptors that recognize nucleic acids and their contributions to mounting adaptive immunity, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 100). Uematsu S., New subset of CD103+ CD8α+ DCs in small intestine express TLR3, TLR7 and TLR9 and induce Th1 response and CTL activity, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 101). Saito T., Neutrophil extracellular traps mediate a host defense response to HIV-1, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 102). Kawasaki T., PtdIns5P production from PIKfyve is critical for innate immune response by modulating TBK1-IRF3, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 103). Mino T., Regnase-1 Destabilizes Translationally Active mRNAs by Associating with Ribosome, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 104). Satoh T., The Jmjd3-Irf4 axis regulates M2 macrophage polarization and host response against helminths infection, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 105). Takemura N., Toll-like Receptor 3 Is Essential for Crypt Cell Death in Radiation- induced Gastrointestinal Syndrome, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 106). Suzuki K., Integration of Chemokine Receptor Signals, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 107). Ishii M., From cartoon to real biology: intravital multiphoton imaging of cellular dynamics in bone resorption, inflammation and cancers, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 108). Simmons S., Spns2 controls S1p mediated B and T lymphoid cell migration from primary to secondary lymphoid tissues and back again, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 109). Kikuta J., Dynamic in vivo imaging of osteoclast function and its regulation by T cell interaction, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 110). Hori Y., Development of Protein-Labeling Probes with Fluorogenic Switch for No-wash Live-cell Imaging, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 111). Kowada T., In Vivo Fluorescence Imaging of Bone-Resorbing Osteoclasts, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 112). Hobro A. J., Raman imaging and analysis for discrimination of cellular changes during immunological activation, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 113). Pissuwan D., Nanoparticle-enhanced Raman analysis for high sensitivity detection of inflammatory biomarkers and cellular activity, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 114). Enokizono Y., Interaction surface mapping of the TIR domain of TRIF/TICAM-1 and TRAM/TICAM-2, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 115). Yokogawa M., Kobashigawa Y., Yoshida N., Ogura K., Harada K., Inagaki F., Structural analyses of the interaction between protein and phosphoinositide embedded in membrane by using NMR, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 116). Yamashita R., New Feature of DataBase of Transcriptional Start Sites (DBTSS), FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 117). Liang K. C., TSS-Seq time-series analysis of mice dendritic cells after LPS stimulation, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 118). Elzawahry A, Innate Immunity Interactome Dynamics, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 119). Nakai K., Systems Biological Approaches for Understanding Immune Responses, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 120). Suzuki Y., Towards system-level understandings of transcriptional regulations, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 121). Patil A., Understanding innate immunity through protein-protein interaction networks, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 122). Standley D. M., Function prediction of ordered and disordered proteins, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 123). Inagaki F., Structural Biology of Innate Immunity, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 124). Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 125). Mori Y, Visualization of immune cell dynamics in mouse brain with 11.7 T MRI, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 126). Smith N. I., Raman imaging and analysis of immune cell activation, FIRST Program AKIRA Project Research Meeting 2012, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, March 12-13, 2012.
  • 127). *審良静男, 免疫応答の制御に必須のエンドリボヌクレアーゼ, Regnase-1/Zc3h12a, 第85回日本薬理学会年会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2012年3月14-16日.
  • 128). *石井 優, 菊田順一, 生体多光子励起イメージングで観察する骨組織・骨髄内の世界:破骨細胞の遊走を調節する新規骨吸収抑制薬の開発, 第85回日本薬理学会年会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2012年3月14日.
  • 129). *審良静男, 自然免疫と寄生虫感染, 第81回日本寄生虫学会大会, 兵庫医科大学, 兵庫, 日本, 2012年3月23-24日.
  • 130). 堀 雄一郎, 中木恭兵, 佐藤 基, 菊地和也, PYPタグと新規桂皮酸型プローブを利用した蛋白質ラベル化法の開発と無洗浄生細胞イメージング, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 131). *菊地和也, 化学スイッチ機能を有した分子イメージプローブの合成と生物学への応用, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 132). 松本健吾, 水上 進, 菊地和也, 修飾抗菌ペプチドを用いた外部刺激による内包化合物の放出制御, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 133). 中村竜也, 水上 進, 菊地和也, 希土類錯体を用いた時間分解蛍光イメージング, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 134). Zeng Zhanghua, 水上 進, 菊地和也, A simple and real-time colorimetric assay for glycosidases activity using functionalized gold nanoparticles, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 135). 馬場玲輔, 堀 雄一郎, 菊地和也, ヒストン修飾酵素の活性を検出する新規蛍光プローブの開発, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 136). 佐藤 基, 堀 雄一郎, 菊地和也, タグ蛋白質PYPの変異体と蛍光プローブの結合解析に関する研究, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 137). 小和田俊行, 菊田順一, 久保厚子, 石井 優, 前田拓樹, 水上 進, 菊地和也, pH応答性蛍光プローブを用いた破骨細胞の in vivo イメージング, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 138). 前田拓樹, 小和田俊行, 菊地和也, 破骨細胞の長時間イメージングを目指したpH応答性蛍光プローブの開発, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 139). 上田 満, 水上 進, 菊地和也, 発蛍光型タンパク質ラベル化プローブの開発, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 140). 秋元悠里, 水上 進, 菊地和也, 変異体β-ラクタマーゼを用いたpH応答性ラベル化プローブ開発, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 141). 吉村彰真, 水上 進, 菊地和也, タンパク質ラベリングシステムを用いたタンパク質間結合形成プローブの開発, 日本化学会第92春季年会, 慶應義塾大学日吉・矢上キャンパス, 神奈川, 日本, 2012年3月25-28日.
  • 142). *審良静男, 自然免疫の新しい考え方, 日本薬学会第132年会, 北海道大学, 北海道, 日本, 2012年3月28-31日.
  • 143). 齊藤達哉, 三澤拓馬, 審良静男, チューブリン重合阻害剤はNALP3インフラマソームの活性化を抑制する, 日本薬学会第132年会, 北海道大学, 北海道, 日本, 2012年3月28-31日.
  • 144). 堀 雄一郎, 則信智哉, 菊地和也, ジメチルアミノクマリン誘導体をリガンドとした新規発蛍光型PYPタグプローブの開発と無洗浄生細胞イメージング, 日本薬学会第132年会, 北海道大学, 北海道, 日本, 2012年3月28-31日.
  • 145). *石井 優, 生体多光子励起イメージングで見る骨組織内部の世界:骨研究の新展開, 長寿研セミナー, 国立長寿医療研究センター, 愛知, 日本, 2012年3月30日.

〔海外発表〕

  • 146). *Ishii M., Osteoclast Migration, Differentiation and Function Visualized by Multiphoton Imaging, Advances in Targeted Therapies Meeting, Dubrovnik, Croatia, April 7. 2011.
  • 147). *Akira S., Functional Role of LPS-Inducible Genes Revealed by Gene Targeting, Advances in Immunology and Cancer Biology, Bogazici University, Istanbul, Turkey, April 15, 2011.
  • 148). Smith N. I., In-situ laser photo-fabrication of metallic nanoprobes inside living cells for spectroscopic analysis of biofunctions, Academia Sinica & JST Joint Symposium, Hsinchu, Taiwan, May, 2011.
  • 149). *Akira S., Innate Immune Regulation revealed by gene targeting, Toll2011 Meeting・Decoding Innate Immunity (TOLL2011), Riva del Garda Congress Center, Riva del Garda, Italy, May 4-7, 2011.
  • 150). *Takeuchi O., Rapid degradation of Zc3h12a to TLR/IL-1R stimulation regulates inflammatory gene expression, Toll2011 Meeting・Decoding Innate Immunity (TOLL2011), Riva del Garda Congress Center, Riva del Garda, Italy, May 4-7, 2011.
  • 151). Yoshimura A., Mizukami S., Kikuchi K., Development of labeling method for cell-surface protein with functional nanoparticles, Gordon Research Conference, New Hampshire, USA, June 5-10, 2011.(Chair's Outstanding Poster Award)
  • 152). *Akira S., Innate immunity and viral recognition, Joint meeting of the US Japan Immunology Board and Viral Diseases Panel, Stanford University, Stanford, USA, June 20-22, 2011.
  • 153). *Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, France-Japan Coordination Chemistry Symposium, The Economy Faculty of the University of Rennes, Rennes, France, June 28-July 2, 2011.
  • 154). *Akira S., Negative Regulation of immune responses by the zinc finger domain containing nuclease, Zc3h12a, US-Japan Conference on Inflammation, Diabetes and Cancer, The Beckman Research Institute of the City of Hope, Duarte, USA, August 4-5, 2011.
  • 155). *Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, 15th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC-15), Dept. Chemistry, University of British Columbia, Vancouver, BC, Canada, August 7-12, 2011.
  • 156). *Ishii M., Roles of S1P in osteoclast regulation and bone remodeling, 2011 FASEB Summer Research Conference - Lysophospholipid Mediators in Health and Desease, II Ciocco Hotel & Resort, Lucca, Italy, August 17 ,2011.
  • 157). Smith N. I., Time-resolved Raman imaging of malarial hemozoin, The 8th European Biophysics Congress, University Congress Centre, Budapest, Hungary, August 23-27, 2011.
  • 158). Kumagai Y., Akira S., Genome-wide Dynamic Change of RNA Stability Upon Innate Immune Response, 12th International Conference on Systems Biology (ICSB2011), The Conference Center Rosengarten, Mannheim, Germany, August 28 - September 1, 2011.
  • 159). Teraguchi S., Heterogeneity oriented modeling of cells for cellular signaling networks, 12th International Conference on Systems Biology (ICSB2011), The Conference Center Rosengarten, Mannheim, Germany, August 28 - September 1, 2011.
  • 160). *Smith N. I., Fujita K., Kawata S., Kumagai Y., Optical control of cell functions: using laser light to remote control signalling, contraction and action potentials in living cells, The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO) Pacific Rim, Sydney Convention and Exhibition Centre, Sydney, Australia, August 28 - September 1, 2011.
  • 161). *Akira S., TLR signaling and the immune response, Cold Spring Harbor Asia Conference on Infection & Immunity, Suzhou Dushu Lake Conference Center, Suzhou, China, September 8-12, 2011.
  • 162). *Kikuchi K., Development of Molecular Imaging Probes for Protein Labeling with Tunable Chemical Switches, European Science Foundation Workshop "Probes for Lipid Systems Biology", Villa Camilla, Menaggio, Italy, October 11-15, 2011.
  • 163). Kumagai Y., Cellular and Molecular Mechanism of Type I IFN Production in Response to Virus Infection, 9th Congress of the Slovenian Biochemical Society, 5th Congress of the Slovenian Microbiological Society, and 3rd CEFORM Central European Forum for Microbiology, Hotel Habakuk, Maribor, Slovenia, October 12-15, 2011.
  • 164). *Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, 3rd Asian Conference on Coordination Chemistry (ACCC3), India Habitat Centre, New Delhi, India, October 17-20, 2011.
  • 165). Baba R., Hori Y., Kikuchi K., Development of Novel Fluorescence Probes to Detect Histone Deacetylases Activity, Nature Chemical Biology Symposium 2011, Royal Sonesta Hotel Boston, Cambridge, USA, October 20-22, 2011.
  • 166). Hori Y., Kikuchi K., Design of Fluorogenic Probes for Protein Labeling Method Based on Photoactive Yellow Protein (PYP) Tag and Live Cell Imaging, Nature Chemical Biology Symposium 2011, Royal Sonesta Hotel Boston, Cambridge, USA, October 20-22, 2011.
  • 167). *Akira S., Innate Immunity and Pathogen Recognition, 2011 Gairdner Lectures, University of Alberta, Alberta, Canada, October 24, 2011.
  • 168). *Akira S., Innate Immunity and Pathogen Recognition, 2011 Gairdner Lectures, University of Calgary, Calgary, Canada, October 25, 2011.
  • 169). *Akira S., Microbe recognition by Toll-like receptors in mammals, 2011 Gairdner Lectures, University of Toronto, Toronto, Canada, October 27, 2011.
  • 170). Takemura N., Inulin prolongs survival of intragastrically administered Lactobacillus plantarum No. 14 in the gut of mice fed a high-fat diet, Keystone Symposia, Le Meridien New Delhi, New Delhi, India, November 7-10, 2011.
  • 171). Standley D. M., Function prediction of structured and unstructured proteins, The 5th China Medical Biotech Forum (CMBF-2011), Beijing International Convention Center, Beijing, China, November 8, 2011.
  • 172). Fernandez M., Kumagai Y., Standley D. M., Sarai A., Mizuguchi K., Ahmad S., Prediction of dinucleotide-specific RNA-binding sites in proteins, Asia Pacific Bioinformatics Network's 10th International Conference on Bioinformatics - 1st ISCB Asia Joint Conference 2011 (InCoB2011/ISCB-Asia 2011), Renaissance Hotel, Kuala Lumpur, Malaysia, November 30 - December 2, 2011.
  • 173). Kinjo A., Kumagai Y., Dinh H., Takeuchi O., Standley D. M., Functional characterization of protein domains common to animal viruses and their hosts, Asia Pacific Bioinformatics Network's 10th International Conference on Bioinformatics - 1st ISCB Asia Joint Conference 2011 (InCoB2011/ISCB-Asia 2011), Renaissance Hotel, Kuala Lumpur, Malaysia, November 30 - December 2, 2011.
  • 174). Okamura K., Yamashita R., Takimoto N., Nishitsuji K., Suzuki Y., Kusakabe G. T., Nakai K., Profiling ascidian promoters as the primordial type of vertebrate promoter, Asia Pacific Bioinformatics Network's 10th International Conference on Bioinformatics - 1st ISCB Asia Joint Conference 2011 (InCoB2011/ISCB-Asia 2011), Renaissance Hotel, Kuala Lumpur, Malaysia, November 30, 2011.
  • 175). Patil A., Nakai K., Kinoshita K, Gene co-expression stability and correlation in the analysis of protein-protein interaction networks, Asia Pacific Bioinformatics Network's 10th International Conference on Bioinformatics - 1st ISCB Asia Joint Conference 2011 (InCoB2011/ISCB-Asia 2011), Renaissance Hotel, Kuala Lumpur, Malaysia, December 1, 2011.
  • 176). *Akira S., Pathogen Recognition by Mammalian Innate Immunity, Frontier in Biomedical Research, HKU2011, The University of Hong Kong, Pokfulam, Hong Kong, December 9, 2011.
  • 177). Lee H., RIG-Like Receptor-Independent Antiviral Response to Murine Leukemia Virus Mediated by Zinc Finger Antiviral Protein, Joint Symposium of CRCID, IFReC & IBB (IFReC-CRCID-IBB2011), The Institute for Convergent Research Consortium for Immunologic Diseases (CRCID), Seoul, Korea, December 18-20, 2011.
  • 178). Maruyama K., TNAK is a negative regulator of osteoclastogenesis and bone formation, Joint Symposium of CRCID, IFReC & IBB (IFReC-CRCID-IBB2011), The Institute for Convergent Research Consortium for Immunologic Diseases (CRCID), Seoul, Korea, December 18-20, 2011.
  • 179). Patil A., Teraguchi S., Dinh H., Nakai K., Standley D. M., Functional Annotation of Intrinsically Disordered Domains by Their Amino Acid Content Using IDD Navigator, Proceedings of the Pacific Symposium on Biocomputing 2012, 164-175, Kohala Coast, Hawaii, USA, January 3-7, 2012.
  • 180). Zeng Z., Mizukami S., Fujita K., Kikuchi K., Enzyme triggered gold nanoparticle- enhanced fluorescence of near infrared (NIR) dye, International Symposium on NanoPhotonics 2012 (ISONP 2012), BeiJing FriendShip Hotel, Beijing, China, February 12-14, 2012.
  • 181). Kowada T., Kikuta J., Kubo A., Ishii M., Maeda H., Mizukami S., Kikuchi K., In Vivo Fluorescence Imaging of Bone-Resorbing Osteoclasts, Keystone Symposia: Chemical Biology and Novel Tools in Pharmacology, Hilton Santa Fe Historic Plaza Hotel, Santa Fe, USA, February 12-16, 2012.
  • 182). Kumagai Y., Ahmad S., Standley D.M., Akira S., Identification of RNA-binding proteins that regulates the stability of type I IFN mRNAs, Keystone Symposium for Protein-RNA Interactions in Biology and Diseases, Hilton Santa Fe Historic Plaza Hotel, Santa Fe, USA, March 6, 2012.
  • 183). Kumagai Y., Identification and characterization of non-coding RNAs differentially expressed upon innate immune responses, Keystone Symposia, Snowbird Resort, Snowbird, USA, March 31-April. 5, 2012.

受賞

※本プロジェクトサブテーマリーダー・研究分担者、本プロジェクト研究員の受賞実績

2011年10月1日 森  勇樹 〔サブテーマ3・特任研究員(常勤)〕
第39回日本磁気共鳴医学会大会学術奨励賞(大会長賞)
発表題目:磁性粒子を用いた炎症モデルマウスの免疫細胞動態の描出
(平成23年9月29日~10月1日開催、於:リーガロイヤルホテル小倉)
2011年11月9日 審良 静男 〔中心研究者〕
吹田市長賞
2012年 2月8日 菊地 和也  〔サブテーマ3・サブテーマリーダー〕
平成23年度日本化学会第29回学術賞
受賞題目:化学スイッチ機能を有した分子イメージプローブの合成と生物学への応用

3.図書出版 計( 22 )件

通し番号 著者名 書名
1 石井 優 Medical Science Digest. 37(5). ニュー・サイエンス社.
2011年4月20日
(「二光子励起顕微鏡による生きた組織の観察」pp.7-8を執筆)
2 丸山健太、審良静男 ICUとCCU. 35(5). 医学図書出版. 2011年5月10日
(「敗血症の病態生理とPattern-Recognition Receptors」pp.361-366を執筆)
3 齊藤達哉、審良静男 生体の科学. 62(3). 医学書院. 2011年6月15日
(「オートファジーとインフラマソーム」pp.237-244を執筆)
4 佐藤 荘、竹内 理、審良静男 医学のあゆみ. 237(13). 医歯薬出版. 2011年6月25日
(「脱メチル化酵素Jmjd3によるM2マクロファージの分化制御」pp.1186-1193を執筆)
5 菊地和也
(井村久則ほか著、日本分析化学会編)
吸光・蛍光分析. 共立出版. 2011年7月
6 菊田順一、石井 優 CLINICAL CALCIUM. 21(8). 医療ジャーナル社.
2011年7月28日
(「破骨細胞のイメージングとRANKLシグナル」pp.73-77を執筆)
7 植松 智 アジュバント開発研究の新展開. シーエムシー出版. 2011年8月
(第4章 2「小腸粘膜固有層における自然免疫活性化機構とアジュバント開発」を執筆)
8 熊谷雄太郎、審良静男 日本臨床. 69(9). 日本臨床社. 2011年8月22日
(「ワクチン作用機序におけるPRRの役割」pp.1541-1546を執筆)
9 菊地和也 蛍光イメージング/MRIプローブの開発.
シーエムシー出版. 2011年9月
(第9章「機能性分子設計に基づく蛋白質の蛍光ラベル化」pp.79-88 及び第11章「酵素活性を検出する19F MRIプローブの開発」pp.97-103を執筆並びに監修)
10 石井 優 セラミド-基礎と応用-ここまできたセラミド研究最前線. 食品化学新聞社. 2011年10月
(医療分野への応用「スフィンゴリン脂質作用の生体イメージング」pp.201-206を執筆)
11 石井 優 実験医学. 29(16). 羊土社. 2011年10月1日
(「生体4Dイメージングの最前線」pp.2582-2589を執筆)
12 菊田順一、久保厚子、島津 裕、石井 優 実験医学. 29(16). 羊土社. 2011年10月1日
(「免疫・血液系の2光子励起イメージング」pp.2602-2606を執筆)
13 小林久隆、石井 優、瀬藤光利 最新医学. 66(10). 最新医学社. 2011年10月10日
(座談会「分子イメージング医学応用の近未来」)
14 島津 裕、菊田順一、久保厚子、石井 優 最新医学. 66(10). 最新医学社. 2011年10月10日
(「骨・免疫系の細胞動態イメージング」pp.65-69を執筆)
15 熊谷雄太郎、審良静男 Thrombosis Medicine. 1(2). 2011年11月20日
(「敗血症発症とPattern-recognition receptors(PRRs)」を執筆)
16 小谷真奈斗、菊田順一、石井 優 CLINICAL CALCIUM. 21(12). 医療ジャーナル社. 2011年11月28日
(「蛍光イメージング技術で観察する破骨前駆細胞のトラフィッキング」pp.85-91を執筆)
17 石井 優 リウマチ病セミナーXXII. 永井書店. 2011年12月
(生物学的反応「骨組織の生体ライブイメージング」pp.155-161を執筆)  
18 賀川義規、森 正樹、石井 優 実験医学増刊. 29(20). 羊土社. 2011年12月
(「がん幹細胞と細胞周期の生体イメージング」pp.75-80を執筆)
19 小谷真奈斗、菊田順一、石井 優 PET Journal. 16. 寺田国際事務所/先端医療技術研究所. 2011年冬
(「骨組織のライブイメージングによる破骨前駆細胞の動態解析」pp.17-19を執筆)
20 石井 優 細胞. 44(1). ニュー・サイエンス社. 2012年1月20日
(「生体多光子励起イメージング」pp.44-46を執筆)
21 菊田順一、石井 優 リウマチ科. 47(2). 科学評論社. 2012年2月28日
(「破骨細胞のイメージング」pp.195-199を執筆)
22 賀川義規、前田 栄、森 正樹、
石井 優
日本外科学会雑誌. 113(2). 日本外科学会. 2012年3月1日
(「生体イメージングによる癌細胞観察」pp.171-176を執筆)

4.産業財産権の出願(出願中で未登録のもの) 計( 3 )件

通し番号 産業財産権の名称 発明者 権利者 産業財産権の種類、番号 出願年月日 国内・国外の別
1 タンパク質を蛍光標識する方法 菊地 和也、 水上   進、 渡辺 修司、 秋元 悠里 国立大学法人
大阪大学
特願2011-020804 2011年
2月2日
国内
2 超高磁場MRI装置で使用可能な表面コイル 朱  大松、 吉岡 芳親 国立大学法人
大阪大学
特願2011-122326 2011年
5月31日
国内
3 タンパク質を蛍光標識する方法 菊地 和也、 水上   進、 渡辺 修司、 秋元 悠里 国立大学法人
大阪大学
特願PCT/JP2012/
052227
2012年
2月1日
国外

5.産業財産権の登録(登録済みのものに限る) 計( 0 )件

6.学術シンポジウム等(主催したもののみを記載) 計( 1 )件

通し番号 開催期間 実施した
補助事業者
標題 主な会場
(収容可能人数)
参加者数
1 2012年3月
12日~13日
大阪大学 AKIRA Project Research Meeting 2012
(平成23年度審良プロジェクト研究成果報告会)
大阪大学
谷口記念講堂
(約100名)
92名

7.市民に対するアウトリーチ活動 (実験教室の開催、冊子作成等) 計( 12 )件

通し番号 実施期間 実施した
補助事業者
標題 実施内容 実施場所
(配布先)
成果
(参加者数、配布数等)
1 2011年
5月3日
大阪大学 大阪大学いちょう祭・パネル展示 「最先端研究開発支援プログラムの研究プロジェクト紹介」 審良プロジェクトの研究紹介
パネル展示、ビデオ上映、クイズラリー
大阪大学
産業科学研究所 2階会議室
地域
住民・
高校生
40名
2 2011年
7月12日
大阪大学
〔主催:免疫学フロンティア研究センター〕
研究棟竣工見学会 審良プロジェクトの研究施設/設備の見学 大阪大学
免疫学フロンティア研究センター
約80名程度
3 2011年
7月22日
大阪大学
(主催:アートエリアB1、共催:大型教育研究プロジェクト支援室)
サイエンスカフェ「カフェオンザ・エッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」 第4回「“がん”を見つけるカメラ、“こころ”を写すカメラ:その開発と今までにわかったこと」
ゲスト: 畑澤 順
アートエリアB1(京阪なにわ橋駅地下1階コンコース) 一般市民
36名
4 2011年
7月28日
大阪大学
(主催:アートエリアB1、共催:大型教育研究プロジェクト支援室)
サイエンスカフェ「カフェオンザ・エッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」 第5回「ライブで見る身近にある『免疫』」
ゲスト: 鈴木 一博

(研究分担者による発表)
アートエリアB1(京阪なにわ橋駅地下1階コンコース) 一般市民
52名
5 2011年
8月11日
(独)科学技術
振興機構
平成23年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会 講演「免疫の不思議~私が開いた免疫学の新しい扉」を実施
講演者:審良 静男

(中心研究者による講演)

※これまでの免疫研究とFIRSTプログラム審良プロジェクトの研究を紹介
神戸国際会議場 高校生
及び
高等学校教諭/
保護者 
2600名
程度
6 2011年
8月24日
大阪大学
〔主催:免疫学フロンティア研究センター、 共催:審良プロジェクト〕
徳島県立徳島北高等学校の免疫学フロンティア研究センターへの訪問見学会 講演「目で見る免疫」(講師:鈴木一博)の実施と審良プロジェクトの研究概要紹介、審良研究室の見学を実施。

(研究分担者による発表)
大阪大学
免疫学フロンティア研究センター
高校生
約30名
7 2011年
10月27日
大阪大学
(主催:アートエリアB1、共催:大型教育研究プロジェクト支援室)
サイエンスカフェ「カフェオンザ・エッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」 第6回「かたちとはたらき -タンパク質のコミュニケーション-」
ゲスト: 稲垣 冬彦

(サブテーマリーダーによる発表)
アートエリアB1(京阪なにわ橋駅地下1階コンコース) 一般市民
42名
8 2011年
11月19日
大阪大学 サイエンスカフェ「カフェオンザ・エッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」 第7回「生き物ってなーに? -コンピュータ科学者の視点-」
ゲスト: 中井 謙太

(サブテーマリーダーによる発表)
アークカフェ(於:大阪市北区芝田) 一般市民
39名
9 2011年
12月17日~18日
大阪大学
(主催:内閣府)
科学・技術フェスタ in 京都 2011
「2つの最先端研究
-免疫を探る・革新ナノバイオデバイスの研究開発-」
審良プロジェクトの研究紹介

ポスター展示・ビデオ上映・励起顕微鏡による免疫細胞の観察体験、生体イメージングのミニレクチャー等
国立京都国際会館 ブース
来場者;
約600名
10 2011年
5月3日
大阪大学 最先端研究開発支援プログラム 
2研究課題紹介リーフレット
審良プロジェクトと川合プロジェクトの研究概要・支援体制の紹介
(一般向け)
いちょう祭、科学・技術フェスタで配付

ホームページ掲載
700部
11 2011年
12月17日
大阪大学 免疫を探る 審良プロジェクトの研究概要紹介パンフレット
(一般向け)
科学・技術フェスタで配付

ホームページ掲載
600部
12 2012年
3月12日
大阪大学 Book of Abstracts
AKIRA Project
Research Meeting 2012
平成23年度審良プロジェクト研究成果報告会(クローズドミーティング)の予稿集として、研究報告会参加者に配付。 (研究の進捗状況確認等のため) 平成23年度審良プロジェクト研究報告会参加者及びプロジェクトメンバーに配付 100部

8 ホームページ

※PV=ページビュー ※UU=ユニークユーザー

トップページURL 公開日 総閲覧数(PV)
(公開日から報告日まで)
純閲覧数(UU)
(公開日から報告日まで)
http://akira-pj.lserp.osaka-u.ac.jp/index.html 2010年9月24日 118,496 13,033

※上記のほか、2010年12月28日に、International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2011)〔開催日;2011年3月1~2日〕のホームページ(http://akira-pj.lserp.osaka-u.ac.jp/TCUID2011/)を公開した。


平成23年度 報道等実績報告

実績(平成23年度合計) 総合計( 5 )件

件数:テレビ 計(0)件、新聞 計(3)件、雑誌(学術誌除く) 計(1)件、その他 計(1)件

通し番号 媒体の種類 放送チャンネル名・
掲載媒体名等
番組名・掲載見出し等 放送・掲載
年月日
掲載面等
1 雑誌 生命誌ジャーナル 69号 自然免疫の点を線につなぐ 2011年
6月15日
http://www.brh.co.jp/
s_library/j_site/
scientistweb/no69/
2 新聞 日刊工業新聞 がんなど仕組み解明 2012年
1月30日
27面
3 新聞 産経新聞 審良・阪大教授に吹田市長賞 2011年
11月10日
 
4 新聞 大阪日日新聞 審良 阪大教授に市長賞「今後も吹田から世界へ」 2011年
11月18日
 
5 書籍 大阪大学発!
ときめきサイエンス
臨床医 若き日の経験生かし医学の先端へ (中心研究者と審良プロジェクトの研究紹介等) 2011年4月 pp.16-21
| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader