平成24年度 研究成果発表実績

1.雑誌論文 計( 24 )件  うち査読付論文 計( 24 )件

※最先端研究開発支援プログラムへの謝辞が明記されている論文に限る。

※平成24年度研究成果論文のうち、主要論文10編をアンダーラインで表示。

※*印は、査読付論文を示す。

  • ■サブテーマ1: 自然免疫による獲得免疫活性化機構の解明(審良 静男)
    雑誌論文 計( 10 )件 うち査読付論文 計( 10 )件
  • 1). *Saitoh T., Komano J., Saitoh Y., Misawa T., Takahama M., Kozaki T., Uehata T., Iwasaki H., Omori H., Yamaoka S., Yamamoto N., Akira S., Neutrophil Extracellular Traps Mediate a Host Defense Response to Human Immunodeficiency Virus-1. Cell Host & Microbe., 12(1): 109-116, 2012.
  • 2). *Maruyama K., Fukasaka M., Vandenbon A., Saitoh T., Kawasaki T., Kondo T., Yokoyama K. K., Kidoya H., Takakura N., Standley D. M., Takeuchi O., Akira S., The Transcription Factor Jdp2 Controls Bone Homeostasis and Antibacterial Immunity by Regulating Osteoclast and Neutrophil Differentiation. Immunity, 37(6): 1024-1036, 2012.
  • 3). *Vandenbon A., Kumagai Y., Akira S., Standley D. M., A novel unbiased measure for motif co-occurrence predicts combinatorial regulation of transcription. BMC Genomics, 13 (Supply. 7): S11-1-S11-15, 2012.
  • 4). *Vandenbon A., Kumagai Y., Teraguchi S., Amada K., Akira S., Standley D. M., A Parzen window-based approach for the detection of locally enriched transcription factor binding sites. BMC Bioinformatics, 14: 26-1 - 26-13, 2013.
  • 5). *Kondo T., Kobayashi J., Saitoh T., Maruyama K., Ishii K. J., Barber G. N., Komatsu K., Akira S., Kawai T., DNA damage sensor MRE11 recognizes cytosolic double-stranded DNA and induces type I interferon by regulating STING trafficking. Proc. Natl. Acad. Sci. USA., 110(8): 2969-2974, 2013.
  • 6). *Pissuwan D., Kumagai Y., Smith N. I., Effect of Surface-Modified Gold Nanorods on the Inflammatory Cytokine Response in Macrophage Cells. Part. Part. Syst. Charact., DOI: 10.1002/ppsc.201200115, 1-7, 2013 (in press, Published online; March 12, 2013).
  • 7). *Ori D., Katoh H., Sanjo H., Tartey S., Mino T., Akira S., Takeuchi O., Essential Roles of K63-Linked Polyubiquitin-Binding Proteins TAB2 and TAB3 in B Cell Activaion via MAPKs. J. Immunol., 190(8): 4037-4045, 2013 (in press, Published online; March 15, 2013).
  • 8). *Misawa T., Takahama M., Kozaki T., Lee H., Zou J., Saitoh T., Akira S., Microtubule-driven spatial arrangement of mitochondria promotes activation of the NLRP3 inflammasome. Nat Immunol., 14(5): 454-460, 2013 (in press, Published online; March 17, 2013).
  • 9). *Satoh T., Kidoya H., Naito H., Yamamoto M., Takemura N., Nakagawa K., Yoshioka Y., Morii E., Takakura N., Takeuchi O., Akira S., Critical role of Trib1 in differentiation of tissue-resident M2-like macrophages. Nature, 495(7442): 524-528, 2013.
  • 10). *Zou J., Kawai T., Tsuchida T., Kozaki T., Tanaka H., Shin K. S., Kumar H., Akira S., Poly IC Triggers a Cathepsin D- and IPS-1-Dependent Pathway to Enhance Cytokine Production and Mediate Dendritic Cell Necroptosis. Immunity, 38(4): 717-728, 2013 (in press).
  • ■サブテーマ2: 生体イメージングとシステム生物学による単球・マクロファージ系細胞のダイナミズム解析(石井 優)
    雑誌論文 計( 4 )件 うち査読付論文 計( 4 )件
  • 1). *Ishii M., Kikuta J., Sphingosine-1-phosphate signaling controlling osteoclasts and bone homeostasis. Biochem Biophys Acta., 1831(1): 223-227, 2013.
  • 2). *Kikuta J., Ishii M., Recent Advances in Intravital Imaging of Dynamic Biological Systems. J. Pharmacol. Sci., 119(3): 193-197, 2012.
  • 3). *Kotani M., Kikuta J., Klauschen F., Chino T., Kobayashi Y., Yasuda H., Tamai K., Miyawaki A., Kanagawa O., Tomura M., Ishii M., Systemic Circulation and Bone Recruitment of Osteoclast Precursors Tracked by Using Fluorescent Imaging Techniques. J. Immunol., 190(2): 605-612, 2013.
  • 4). *Kikuta J., Wada Y., Kowada T., Wang Z., Sun-Wada G-H., Nishiyama I., Mizukami S., Maiya N., Yasuda H., Kumanogoh A., Kikuchi K., Germain R. N., Ishii M., Dynamic visualization of RANKL and Th17-mediated osteoclast function. J. Clin. Invest., 123(2): 866-873, 2013.
  • 〔参考:平成23年度研究実績において、in pressとして掲載した論文〕
    *Ishii T., Kawamura S., Nishiyama I., Kikuta J., Ishii M., Use of intravital microscopy and in vitro chemotaxis assays to study the roles of sphingosine-1-phosphate in bone homeostasis. Methods Mol. Biol., 874: 129-139, 2012.
  • ■サブテーマ3: 免疫現象を可視化する化学分子イメージングプローブの開発(菊地 和也)
     雑誌論文 計( 5 )件 うち査読付論文 計( 5 )件
  • 1). *Hori Y., Nakaki K., Sato M., Mizukami S., Kikuchi K., Development of Protein-Labeling Probes with a Redesigned Fluorogenic Switch Based on Intramolecular Association for No-Wash Live-Cell Imaging. Angew. Chem. Int. Ed., 51(23): 5611-5614, 2012.
  • 2). *Matsushita H., Mizukami S., Mori Y., Sugihara F., Shirakawa M., Yoshioka Y., Kikuchi K., 19F MRI Monitoring of Gene Expression in Living Cells Through Cell-Surface β-Lactamase Activity. Chembiochem, 13(11): 1579-1583, 2012.
  • 3). *Baba R., Hori Y., Mizukami S., Kikuchi K., Development of Fluorogenic Probe with a Transesterification Switch for Detection of Histone Deacetylase Activity. J. Am. Chem. Soc., 134(35): 14310-14313, 2012.
  • 4). *Dhara K., Hori Y., Baba R., Kikuchi K., A fluorescent probe for detection of histone deacetylase activity based on aggregation-induced emission. Chem. Commun, 48(94): 11534-11536, 2012.
  • 5). *Sadhu K. K., Mizukami S., Yoshimura A., Kikuchi K., pH induced dual "OFF-ON-OFF" switch: influence of a suitably placed carboxylic acid. Org. Biomol. Chem., 11(4): 563-568, 2013.
  • ■サブテーマ4: 免疫研究のための無標識ラマンイメージング(Smith, Nicholas Isaac)
     雑誌論文 計( 3 )件 うち査読付論文 計( 3 )件
  • 1). *Pavillon N., Bando K., Fujita K., Smith N. I. , Feature-based recognition of Surface-enhanced Raman spectra for biological targets. J. Biophotonics, DOI: 10.1002/jbio.20120018, 1-11, 2012.
  • 2). *Hobro A. J., Konishi A., Coban C., Smith N. I., Raman spectroscopic analysis of malaria disease progression via blood and plasma samples. Analyst, DOI: 10.1039/C3AN00255A, 2013 (in press, Published online; March 7, 2013).
  • 3). *Pissuwan D., Kumagai Y., Smith N. I., Effect of Surface-Modified Gold Nanorods on the Inflammatory Cytokine Response in Macrophage Cells. Part. Part. Syst. Charact., DOI: 10.1002/ppsc.201200115, 1-7, 2013 (in press, Published online; March 12, 2013).
  • ■サブテーマ5: 自然免疫の構造生物学的研究(稲垣 冬彦)
     雑誌論文 計( 4 )件 うち査読付論文 計( 4 )件
  • 1). *Horiuchi M., Takahasi K., Kobashigawa Y., Ochiai M., Inagaki F., A low-cost affinity purification system using β-1, 3-glucan recognition protein and curdlan beads. Protein Eng. Des. Sel., 25(8): 405-413, 2012.
  • 2). *Yokogawa M., Kobashigawa Y., Yoshida N., Ogura K., Harada K., Inagaki F., NMR Analyses of the Interaction Between the FYVE Domain of Early Endosome Antigen 1 (EEA1) and Phosphoinositide Embedded in a Lipid Bilayer. J. Biol. Chem., 287(42): 34936-34945, 2012.
  • 3). *Vandenbon A., Kumagai Y., Akira S., Standley D. M., A novel unbiased measure for motif co-occurrence predicts combinatorial regulation of transcription. BMC Genomics, 13 (Supply. 7): S11-1-S11-15, 2012.
  • 4). *Vandenbon A., Kumagai Y., Teraguchi S., Amada K., Akira S., Standley D. M., A Parzen window-based approach for the detection of locally enriched transcription factor binding sites. BMC Bioinformatics, 14: 26-1 - 26-13, 2013.
  • ■サブテーマ6: 免疫応答のシステムバイオロジー解析(中井 謙太)
     雑誌論文 計( 3 )件 うち査読付論文 計( 3 )件
  • 1). *Tani H., Imamachi N., Salam K. A., Mizutani R., Ijiri K., Irie T., Yada T., Suzuki Y., Akimitsu N., Identification of hundreds of novel UPF1 target transcripts by direct determination of whole transcriptome stability. RNA Biol., 9(11): 1370-1379, 2012.
  • 2). *Vandenbon A., Kumagai Y., Akira S., Standley D. M., A novel unbiased measure for motif co-occurrence predicts combinatorial regulation of transcription. BMC Genomics, 13 (Supply. 7): S11-1-S11-15, 2012.
  • 3). *Vandenbon A., Kumagai Y., Teraguchi S., Amada K., Akira S., Standley D. M., A Parzen window-based approach for the detection of locally enriched transcription factor binding sites. BMC Bioinformatics, 14: 26-1 - 26-13, 2013.

2.学会発表 計( 160 )件  うち招待(依頼)講演 計( 91 )件

※平成24年度学会発表(招待(依頼)講演を含む)のうち、主要な発表10編をアンダーラインで表示。

※*印は、招待(依頼)講演を示す。

  • ■サブテーマ1: 自然免疫による獲得免疫活性化機構の解明(審良 静男)
     学会発表 計( 68 )件 うち招待(依頼)講演 計( 42 )件
  • 1). *Akira S., Innate Immunity and Inflammation, The 2012 Spring Conference of the Korean Association of Immunologists, Kyoyuk munhwa hoekhwan, Seoul, Korea, April 12-13, 2012.
  • 2). *Akira S., Innate Immunity and Inflammation, XX Mexican Congress of Immunology, Fiesta Americana, Merida, Mexico, April 17, 2012.
  • 3). *Akira S., Regulation of the immune response by the zinc finger domain containing nuclease, Regnase-1/Zc3h12a, Dynamism of Immune Reactions & Regulation, Osaka International Convention Center, Osaka, Japan, May 22-23, 2012.
  • 4). *Akira S., Innate Immune Responses, CIMT 10th Annual Meeting, Congress Centrum Mainz, Mainz, Germany, May 23-25, 2012.
  • 5). *Akira S., Innate Immunity and Inflammation, 5th International Singapore Symposium of Immunology, University Town, Singapore, Singapore, June 7-8, 2012.
  • 6). Kumagai Y., Identification and Characterization of Long Non-coding RNAs Differentially Expressed upon Innate Immune Responses, The 22nd CDB Meeting RNA Sciences in Cell and Developmental Biology II, RIKEN CDB, Hyogo, Japan, June 11-13, 2012.
  • 7). *Satoh T., The physiological roles and differentiation mechanism of M2 macrophages, 第20回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム2012, 東京大学山上会館, 東京, 日本, 2012年6月15-16日.
  • 8). *審良静男, 自然免疫と炎症, 第2回大阪内分泌代謝カンファレンス, 大阪大学銀杏会館, 大阪, 日本, 2012年6月28日.
  • 9). *審良静男, 自然免疫と炎症, 第33回日本炎症・再生医学会, ホテル日航福岡, 福岡, 日本, 2012年7月5-6日.
  • 10). *斎藤達哉, 免疫とオートファジー, 第23回日本生体防御学会学術総会, 品川区総合区民会舘, 東京, 日本, 2012年7月9-11日.
  • 11). *審良静男, 自然免疫の最近の進歩, 第1回OYCバイオシンポジウム~最新医学研究の展開「脳・免疫・がん」~, 日本工業倶楽部会館, 東京, 日本, 2012年7月13日.
  • 12). *審良静男, 自然免疫の最近の進歩, 第20回統合医療機能性食品国際会議 (ICNIM2012), ホテルロイトン札幌, 北海道, 日本, 2012年7月21-22日.
  • 13). *審良静男, 自然免疫とマクロファージ, 第1回AIR CONFERENCE, パレスホテル大宮, 埼玉, 日本, 2012年7月26日.
  • 14). *Akira S., Innate Immunity in mammals, XV International Congress of Molecular Plant-Microbe Interactions (IS-MPMI2012), Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, June 29 - August 2, 2012.
  • 15). Kumagai Y., Cell-to-cell variability oriented-modeling of cells, The 13th International Conference on Systems Biology, University of Toronto, Toronto, Canada, August 19-23, 2012.
  • 16). Teraguchi S., Modeling an immune response with coupled bistable systems, The 13th International Conference on Systems Biology, University of Toronto, Toronto, Canada, August 19-23, 2012.
  • 17). *Akira S., Pathogen recognition and innate immunity, The 14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry (ICHC2012), Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, August 27-29, 2012.
  • 18). *Akira S., Anti-viral response in innate immunity."Non-self RNA sensing in virus infected cells and activation of antiviral immunity", Les Treilles Meeting, Foundation des Treilles, Tourtour, France, August 27 - September 1, 2012.
  • 19). *Akira S., Innate Immune Responses, European Congress of Immunology, Scottish Exhibition & Conference Centre, Glasgow, U.K., September 5-8, 2012.
  • 20). *Akira S., Innate immunity and inflammatory responses, French-Japanese Meeting, Embassy of France, Tokyo, Japan, September 20-21, 2012.
  • 21). *Akira S., Nucleic acid recognition by innate immunity, The 12th International Symposium on Dendritic Cells (DC2012), Daegu Exhibition & Convention Center, Daegu, Korea, October 7-11, 2012.
  • 22). *Akira S., Innate Immune Response and Inflammation, The 34th Naito Conference " Infection, Immunity and their Control for Health: Mucosal Barrier, Pathogen and Vaccine", CHÂTERAISÉ Gateaux Kingdom, Hokkaido, Japan, October 16-19, 2012.
  • 23). *Akira S., Innate Immune Response and Inflammation, International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting 2012 (IEIIS2012), Homeostatic Inflammation Symposium (HIS2012), Japan Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, October 23-26, 2012. (The Frederik B. Bang Award受賞)
  • 24). Akira S., The zinc finger domain containing nuclease, Regunase-1/Zc3h12a controls T cell activation, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 25). Saitoh T., Cell biological analysis of innate immune response, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 26). *審良静男, 自然免疫の最近の進歩, Infection and Immunity Research Symposium, ヒルトン福岡シーホーク, 福岡, 日本, 2012年11月9日.
  • 27). Teraguchi S., Cell-to-cell variability-oriented modeling of cells, International Workshop on Quantitative Biology 2012, The University of Tokyo, Tokyo, Japan, November 22, 2012.
  • 28). *審良静男, 自然免疫とM2マクロファージ, 第62回日本アレルギー学会秋季学術大会, 大阪国際会議場, 大阪, 日本, 2012年11月29日-12月1日.
  • 29). *Akira S., Innate Immunity and Inflammatory Responses, MRC International Symposia, Ramada Plaza Cheongju, Cheongju, Korea, November 30, 2012.
  • 30). *Akira S., The zinc finger domain containing nuclease, Regunase-1/Zc3h12a controls T cell activation, Centennial of Hashimoto Disease International Symposium, ACROS Fukuoka, Fukuoka, Japan, December 2-4, 2012.
  • 31). *審良静男, レビュートーク「自然免疫」, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 32). Kawasaki T., Identification and characterization of a cellular component that modulates the TBK1-IRF3 signaling axis, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 33). Maruyama K., Jdp2 is a key regulator of bone homeostasis and antibacterial immunity by controlling osteoclast and neutrophil differentiation, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 34). Misawa T., Microtubule-driven spatial mitochondria arrangement promotes NLRP3 inflammasome activation, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 35). Zou J., Cathepsin D triggers dendritic cell necroptosis by modulating an IPS-1-dependent pathway to propagate adjuvant efficacy of poly IC, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 36). Lee H., RIG-Like Receptor-Independent Antiviral Response to Murine Leukemia Virus Mediated by Zinc Finger Antiviral Protein, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 37). Uehata T., Malt1-induced cleavage of Regnase-1 in CD4+ helper T cells regulates immune activation, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 38). *審良静男, 自然免疫の最近の進歩, 第16回日本統合医療学会 (IMJ2012 大阪大会), 大阪大学コンベンションセンター, 大阪, 日本, 2012年12月8-9日.
  • 39). 齊藤達哉, 微小管を介したミトコンドリアの再配置がNLRP3インフラマソームを促進する, 第35回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月11-14日.
  • 40). *審良静男, 自然免疫による炎症応答, 第85回日本生化学会大会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月14-16日.
  • 41). *審良静男, 自然免疫と炎症反応, 大阪バイオサイエンス研究所創立25周年記念シンポジウム, 大阪市中央公会堂, 大阪, 日本, 2012年12月18日.
  • 42). *審良静男, 自然免疫による病原体認識とシグナル伝達, 第3回癌・免疫若手セミナー, 大阪大学医学部附属病院, 大阪, 日本, 2013年2月1日.
  • 43). *審良静男, 自然免疫の新しい考え方, 第200回生命科学フォーラム, 日本記者クラブ, 東京, 日本, 2013年2月5日.
  • 44). Teraguchi S., Stochastic binary modeling of cells in continuous time as an alternative to biochemical reaction equations, Workshop on Mathematical Modeling of Disease, 総合研究大学院大学, 神奈川, 日本, 2013年2月10日.
  • 45). *Akira S., Sterile Inflammation in Innate Immune Responses, JST-CREST International Symposium Frontiers in Immunology and Inflammation: From Molecules to Disease, Hitotsubashi Memorial Hall, Tokyo, Japan, February 12-13, 2013.
  • 46). *審良静男, 自然免疫の最近の進歩, 第62回サイテックサロン, 東京大学, 東京, 日本, 2013年2月16日.
  • 47). Kawasaki T., Regulation of antiviral innate immune signaling by a second messenger phosphatidylinositol-5-phosphate produced by PIKfyve, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • 48). *河合太郎, Poly ICのアジュバント効果における細胞死の役割, 第6回寄生虫感染免疫研究会, 大分大学医学部, 大分, 日本, 2013年3月8-9日.
  • 49). *佐藤 荘, M2マクロファージの機能と分化メカニズムについて, 第6回寄生虫感染免疫研究会, 大分大学医学部, 大分, 日本, 2013年3月8-9日.
  • 50). *Akira S., Regulation of the innate immune response, 14th Servier-IGIS Symposium, Hotel Royal-Riviera, Saint-Jean-Cap-Ferrat, France, March 21-23, 2013.
  • 51). *斎藤達哉, NLRP3を介した炎症応答の理解とその制御, 日本薬学会 第133年会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2013年3月27-30日.
  • 52). *Takeuchi O., Posttranscriptional control of inflammation by an RNase, Regnase-1, From Genomics to Proteomics ~ Toward Understanding Gene Function and the Mechanism of Diseases~, Kinki University, Osaka, Japan, June 27, 2012.
  • 53). 竹内 理, 自然免疫における炎症の転写後調節メカニズム, 第9回ウイルス学キャンプin湯河原, ニューウェルシティ湯河原, 静岡, 日本, 2012年7月10-11日.
  • 54). Takeuchi O., Mino T., Innate Immunity and its post-transcriptional regulation, 第14回日本RNA学会年会, 東北大学百周年記念会館, 宮城, 日本, 2012年7月18-20日.
  • 55). 竹内 理, 自然免疫による炎症調節の分子機構, 京都大学ウイルス研究所学術講演会, 京都大学芝蘭会館, 京都, 日本, 2012年7月26日.
  • 56). Takeuchi O., Posttranscriptional control of inflammation by an RNase, Regnase-1, 19th East Asia Joint Symposium on Biomedical Research, Institute of Molecular Biology and Genetics, Seoul National University, Seoul, Korea, August 22-25, 2012.
  • 57). 竹内 理, 生体の巧妙な炎症制御システムを探る, 第52回生命科学夏の学校, 西浦温泉ホテルたつき, 愛知, 日本, 2012年8月24-26日.
  • 58). Takeuchi O., Posttranscriptional control of inflammation by an RNase, Regnase-1, International Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting 2012 (IEIIS2012), Homeostatic Inflammation Symposium (HIS2012), Japan Endotoxin and Innate Immunity Society Meeting, National Center of Sciences, Tokyo, Japan, October 23-26, 2012.
  • 59). Takeuchi O., Recognition of viral infection by innate immunity, The 10th JSH Single Topic Conference "Hepatitis C: Best Practice Based on Science", Keio Plaza Hotel, Tokyo, Japan, November 21-22, 2012.
  • 60). Takeuchi O., Review Talk: Systems Immunology―最近の動向, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 61). Takeuchi O., (Session organizer) Posttranscriptional control of inflammation. 4S8I 炎症の分子生物学, 第35回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月11-14日.
  • 62). 竹内 理, RNA分解酵素Regnase-1による自然免疫制御, 第85回日本生化学会大会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月14-16日.
  • 63). *植松 智, 自然免疫受容体と腸管免疫応答, 第101回日本病理学会総会, 京王プラザホテル, 東京, 日本, 2012年4月26-28日.
  • 64). *植松 智, 腸管粘膜固有層の自然免疫細胞群の機能解析, 第21回内毒素・LPS研究会, 東京大学医学部, 東京, 日本, 2012年6月23日.
  • 65). *植松 智, 自然免疫受容体と腸管免疫応答, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 66). Takemura N., TLR3 as an exacerbating factor for radiation-induced gastrointestinal syndrome, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • 67). *植松 智, 腸管粘膜固有層の自然免疫細胞群の機能解析, 第155回日本獣医学会学術集会, 日本比較薬理学・毒性学会, 東京大学駒場キャンパス, 東京, 日本, 2013年3月28-30日.
  • 68). *鈴木一博, 2光子励起蛍光顕微鏡で見るB細胞免疫応答, 分子病態医学セミナー, 愛媛大学医学部, 愛媛, 日本, 2013年3月13日.
  • ■サブテーマ2: 生体イメージングとシステム生物学による単球・マクロファージ系細胞のダイナミズム解析(石井 優)
     学会発表 計( 42 )件 うち招待(依頼)講演 計( 32 )件
  • 1). *石井 優, 高速多光子顕微鏡セミナー, 基生研光学解析室・ニコンインステック共催テクニカルセミナー, 基礎生物学研究所, 愛知, 日本, 2012年4月10日.
  • 2). *Ishii M., Intravital multiphoton imaging of cellular dynamics in bone resorption, inflammation and cancers, Research Seminar, Universite Claude Bernard Lyon, Lyon, France, April 20, 2012.
  • 3). *Ishii M., Roles of S1P in osteoclast regulation and bone physiology, Gordon Research Conference, Ciocco Hotels, Barga, Italy, April 22-27, 2012.
  • 4). *Ishii M., Intravital imaging of cellular dynamics in bone remodeling, immune systems and cancer invasion, Research Seminar, Max Planck Institut fur Neurobiologie, Munchen, Germany, April 25, 2012.
  • 5). 菊田順一、石井 優, 生体多光子励起イメージングによる成熟破骨細胞の動態解析, 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪, 東京, 日本, 2012年4月26-28日.
  • 6). Kikuta J., Ishii M., Dynamic in vivo imaging of bone-resorptive functions of mature osteoclasts in live bones by using intravital multiphoton microscopy, 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪, 東京, 日本, 2012年4月26-28日.
  • 7). *石井 優, 最新のライブイメージング技術による免疫炎症・骨破壊の実体的解明, 第56回日本リウマチ学会総会・学術集会, グランドプリンスホテル新高輪, 東京, 日本, 2012年4月26-28日.
  • 8). *石井 優, 多光子励起顕微鏡による骨髄内細胞動態イメージング, 日本顕微鏡学会第68回学術講演会, つくば国際会議場, 茨城, 日本, 2012年5月14-16日.
  • 9). Kikuta J., Ishii M., Dynamic in vivo imaging of Th17-mediated control of osteoclast function in live bones by using intravital multiphoton microscopy, The EULAR Annual European Congress of Rheumatology, Messe Berlin, Berlin, Germany, June 6-9, 2012.
  • 10). *石井 優, 生体多光子励起イメージングで見る骨組織内部の世界:骨研究の新展開, 第32回日本骨形態計測学会, 大阪国際会議場, 大阪, 日本, 2012年6月7-9日.
  • 11). *Ishii M., Dynamic behaviors of osteoclast function visualized by intravital imaging, Bone and Cartilage: from Development to Human Diseases, Suzhou Dushu Lake Conference Center, Suzhou, China, June 11-15, 2012.
  • 12). *石井 優, Dynamic behavior of osteoclasts and their monocytoid precursors visualized by intravital microscopy, 第20回マクロファージ分子細胞生物学国際シンポジウム2012, 東京大学山上会館, 東京, 日本, 2012年6月15-16日.
  • 13). *石井 優, 生体骨イメージングで解析する破骨細胞の生きた動態, 第12回日本抗加齢医学会総会, パシフィコ横浜, 神奈川, 日本, 2012年6月22-24日.
  • 14). *石井 優, 生体多光子励起イメージングで見る、生きたままの細胞動態~骨・免疫・がん研究への応用, 第4回岡山大&理研ジョイントシンポジウム 最先端計測技術のトレンド2012, 岡山大学創立50周年記念館, 岡山, 日本, 2012年6月25日.
  • 15). *石井 優, 生体多光子励起イメージング~生命現象の『生きたまま』での観察とその医療への応用~, 薬理連合セミナー, 昭和大学, 東京, 日本, 2012年6月26日.
  • 16). *石井 優, 生体骨イメージングで見る、活性型ビタミンDの治療効果, 第7回Biomedical Frontier TOKAI (BMFT), 名鉄ニューグランドホテル名古屋, 愛知, 日本, 2012年7月6日.
  • 17). *石井 優, バイオイメージングによって捉える生きた細胞動態〜内分泌学への応用, 第30回内分泌代謝学サマーセミナー, 伊香保温泉 福一, 群馬, 日本, 2012年7月12-14日.
  • 18). *石井 優, 蛍光生体イメージングによる免疫炎症・骨破壊の動的解析:リウマチ学への応用, 第7回リウマチヤングアカデミー, 広島, 日本, 2012年7月14日.
  • 19). *石井 優, 生体多光子励起イメージングで解明する生きた細胞動態~骨・免疫・がん研究への応用, バイオイメージング研究部門キックオフシンポジウム, 徳島大学病院, 徳島, 日本, 2012年7月19-20日.
  • 20). *石井 優, 生体4Dイメージングで解析するvividな細胞社会:骨・免疫・がん研究への応用, 第31回分子病理学研究会恵那シンポジウム, 恵那峡グランドホテル, 岐阜, 日本, 2012年7月21-22日.
  • 21). *石井 優, 生体多光子励起イメージング -生命の「生きたまま」の観察とその医療応用, 第62回東大眼科茶話会 (主催勉強会) Tokyo Ophthalmology Club (TOC), 東京大学医学部附属病院, 東京, 日本, 2012年7月30日.
  • 22). *石井 優, 生体イメージングによる免疫炎症・骨破壊の動的解析と、そのリウマチ臨床への応用, 第20回なにわリウマチフォーラム, 北浜フォーラム, 大阪, 日本, 2012年8月25日.
  • 23). *Ishii M., Intravital multiphoton imaging revealing cellular dynamics in bone physiology, inflammation and cancers, The 14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry (ICHC2012), Kyoto International Conference Center, Kyoto, Japan, August 26-29, 2012.
  • 24). *石井 優, 生体4Dイメージングによる免疫炎症・骨破壊の実体的解析とその臨床免疫学への応用, 第40回日本臨床免疫学会総会, 京王プラザホテル, 東京, 日本, 2012年9月27-29日.
  • 25). *石井 優, 生体多光子励起イメージングで解明する生きた細胞動態〜骨・免疫・がん研究への応用, 名古屋大学グローバルCOEプログラム系統講座, 名古屋大学医学部, 愛知, 日本, 2012年10月16日.
  • 26). *Ishii M., Dynamic behaviors of osteoclast function visualized by intravital imaging, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 26-29, 2012.
  • 27). *Ishii M., From cartoon to real biology: intravital multiphoton imaging of cellular dynamics in bone resorption, inflammation and cancers, The second POSTECH International Symposium on Bioimaging, POSCO International Center, Pohang, Korea, November 1-2, 2012.
  • 28). *石井 優, 生体イメージングで見る、生きたままの細胞動態~骨代謝・免疫炎症・がんなど種々の生命現象解明への応用~, 第30回 Boneクラブ, 東京慈恵会医科大学, 東京, 日本, 2012年11月10日.
  • 29). Kikuta J., Ishii M., Dynamic in vivo imaging of Th17-mediated osteoclastic bone resorption in live bones by using intravital multiphoton microscopy, American College of Rheumatology Annual Meeting, Washington Convention Center, Washington, D.C., U.S.A., November 9-14, 2012.
  • 30). *石井 優, 蛍光生体イメージングで見る生きた細胞動態~骨・免疫・がん研究への応用, 関西ライフイノベーション戦略プロジェクトキックオフフォーラム, 千里阪急ホテル, 大阪, 日本, 2012年11月19日.
  • 31). Simmons S., Fukuhara S., Kawamura S, Mochizuki N, Ishii M, Spns2 controls S1p mediated B and Tlymphoid cell migration from primary to secondary lymphoid tissues and back again, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 32). 菊田順一, 石井優, Dynamic in vivo tracking osteoclast precursors by using fluorescent imaging techniques, 第41回日本免疫学会学術集会, 神戸国際会議場・神戸国際展示場・神戸ポートピアホテル, 兵庫, 日本, 2012年12月5-7日.
  • 33). 西川恵三, 骨生物学の分子基盤の解明と創薬応用, 奈良先端未来開拓コロキウム「シグナルの破綻による疾患の生物学」第2回クローズド・ミーティング「間葉系細胞の分化シグナルの破綻と疾患」, 奈良先端科学技術大学院大学先端科学技術研究推進センタ-, 奈良, 日本, 2012年12月7日.
  • 34). *石井 優, 生体多光子励起イメージングによる生物の「生きたまま」の世界, 再生医療分野の産業化を目指した実用セミナー・再生医療の全体像を見渡せる分かりやすい解説講座, 京都リサーチパーク, 京都, 日本, 2012年12月10-11日.
  • 35). *石井 優, 生体イメージングの画像解析法の確立と定量生物学への応用, 第35回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月11-14日.
  • 36). 藤森さゆ美, 生体マウス骨組織における骨リモデリングのin vivoイメージング, 第35回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月11-14日.
  • 37). 西川恵三、岩本依子、石井 優, 胚性幹細胞・誘導多能性幹細胞から破骨細胞を分化誘導する培養法の開発, 第35回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月11-14日.
  • 38). *石井 優, Tissue morphogenesis by co-operative regulation of cellular proliferation and migration and diseases due to its breakdown, 第85回日本生化学会大会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月14-16日.
  • 39). *石井 優, 生体多光子励起イメージングで解明する生きた細胞動態, 細胞の"こころ"を生きた個体で観察する-蛍光生体イメージングの最前線-, 千里ライフサイエンスセミナー, 千里ライフサイエンスセンター, 大阪, 日本, 2013年1月23日.
  • 40). Kikuta J., Quantitative analysis of in vivo cellular dynamics by intravital 2-photon imaging, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • 41). *石井 優, 見て分かる、動く免疫細胞の世界:その生理と病理, 第7回京阪神バイオメディクス研究会, ブリーゼプラザ, 大阪, 日本, 2013年3月8日.
  • 42). *石井 優, 生体イメージングによる生きた細胞動態の解析, 内分泌・代謝学共同利用・共同研究拠点セミナー, 群馬大学生体調節研究所, 群馬, 日本, 2013年3月25日.
  • ■サブテーマ3: 免疫現象を可視化する化学分子イメージングプローブの開発(菊地 和也)
     学会発表 計( 16 )件 うち招待(依頼)講演 計( 8 )件
  • 1). *菊地和也, In vivoイメージングを目指した分子プローブ開発, 第37回「ケミカルバイオロジー研究領域」勉強会, 理化学研究所和光地区, 埼玉, 日本, 2012年4月25日.
  • 2). *菊地和也, 生命現象を可視化する分子プローブの開発戦略, 平成24年度前期(春季)有機合成化学講習会, (社)日本薬学会・長井記念ホール, 東京, 日本, 2012年6月20-21日.
  • 3). *Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of Molecular Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, The 3rd International Conference on Molecular Sensors & Logic Gates (MSMLG), Korea University, Seoul, Korea, July 8-11, 2012.
  • 4). *菊地和也, イメージングプローブのデザイン・合成による細胞・個体における分子機能解明, 蛋白研セミナー「エピゲノム解析の新技術とエピジェネティクス制御機構の新展開」, 大阪大学蛋白質研究所, 大阪, 日本, 2012年9月27-28日.
  • 5). *菊地和也, 化学スイッチ機能の設計戦略によるin vivoイメージング, 第5回ChemBioハイブリッドレクチャー, 東京大学工学部, 東京, 日本, 2012年10月6日.
  • 6). Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in vivo Imaging Probes with Tunable Chemical Switches, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 7). *菊地和也, 分子プローブのデザイン・合成による細胞内機能イメージング, 第35回日本分子生物学会年会, 福岡国際会議場・マリンメッセ福岡, 福岡, 日本, 2012年12月11-14日.
  • 8). Kikuchi K., Development of highly sensitive 19F MRI probes for in vivo application, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • 9). *Kikuchi K., Intracellular Protein Labeling for Imaging Protein Degradation, Asian Chemical Biology Initiative, 2013 Bangkok Meeting, Pullman Bangkok Hotel G, Bangkok, Thailand, January 26-28, 2013.
  • 10). *Kikuchi K., Design, Synthesis and Biological Application of in Vivo Imaging Probes with Tunable, Germany-Japan Bilateral Meeting on Coordination Programming, Münster, Germany, October 25-27, 2012.
  • 11). Mori Y., Yoshioka Y., Visualization of Immune Cell Dynamics in Mouse Brain with 11.7 T MRI, International Society of Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM) 20th Annual Meeting & Exhibition, Melbourne Convention & Exhibition Centre, Melbourne, Australia, May 5-11, 2012.
  • 12). Mori Y., Thanikacharam P. V., Komai Y., Yoshioka Y., High-Resolution MR Lymphangiography in Mice Using Double Contrast Agents at 11.7 T, International Society of Magnetic Resonance in Medicine (ISMRM) 20th Annual Meeting & Exhibition, Melbourne Convention & Exhibition Centre, Melbourne, Australia, May 5-11, 2012.
  • 13). Mori Y., Zhu D., Thanikachalam P. V., Komai Y., Yoshioka Y., Non-Invasive Visualization of Immunological Responses in Mice with High Field MRI at 11.7 T, The 8th International Forum on Multimedia and Image Processing (IFMIP), World Automation Congress (WAC) 2012, Hotel Fiesta Americana, Puerto Vallarta, Mexico, June 24-28, 2012.
  • 14). 森 勇樹、吉岡芳親, 正常および病態モデルマウスにおける脳内免疫細胞動態の描出, 第40回日本磁気共鳴医学会大会, 国立京都国際会館, 京都, 日本, 2012年9月6-8日.
  • 15). Yoshioka Y., In vivo Visualization of Immune Cells in the Central Nervous System, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 16). Mori Y., Temporal alterations of lower-lumbar spinal code and blood vessels in experimental autoimmune encephalomyelitis (EAE) mice, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • ■サブテーマ4: 免疫研究のための無標識ラマンイメージング(Smith, Nicholas Isaac)
     学会発表 計( 14 )件 うち招待(依頼)講演 計( 3 )件
  • 1). Pavillon N., Jourdain P., Smith N. I., Depeursinge C., Magistretti P., Marquet P., Quantitative Label-Free Imaging for live cell Observation, Focus on Microscopy 2012 Singapore, The Suntec Singapore International Convention & Exhibition centre, Singapore, April 1-4, 2012.
  • 2). Smith N. I., Hobro A. J., Pavillon N., Fujita K., Coban C., Spectroscopic Imaging of Malaria Byproducts in Immune Cells, Focus on Microscopy 2012 Singapore, The Suntec Singapore International Convention & Exhibition centre, Singapore, April 1-4, 2012.
  • 3). Alvarez Y. L., Patil A., Nakai K., Ensemble of multilayer perceptrons for uncovering distinct patterns in promoters of co-expressed genes, 11th International Conference on Bioinformatics (InCoB2012), Central Plaza Ladprao Bangkok, Bangkok, Thailand, July 4-6, 2012.
  • 4). Smith N. I., Hobro A. J., Raman analysis of RNA structure and intermolecular interactions, The 23rd International Conference on Raman Spectroscopy, The Indian Institute of Science, Bangalore, India, August 12-17, 2012.
  • 5). Smith N. I., Pavillon N., Kumamoto Y., Fujita K., Kawata S., Optical control of cell signaling, contraction and action potentials, 第73回応用物理学会秋季学術講演会, 愛媛大学・松山大学, 愛媛, 日本, 2012年9月11-14日.
  • 6). Pavillon N., Hobro A. J., Fujita K., Smith, N. I., Multimodal label-free imaging through combined Raman spectroscopy and quantitative phase imaging, 第73回応用物理学会秋季学術講演会, 愛媛大学・松山大学, 愛媛, 日本, 2012年9月11-14日.
  • 7). *Hobro A. J., Smith N. I., Raman spectroscopy for immunological research, The 2012 Ardgour Symposium, Ardgour House, Ardgour, U.K., September 24-28, 2012.
  • 8). Smith N. I., Raman Imaging and Analysis of T and B Cells, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 9). *Hobro A. J., Smith N. I., Raman spectroscopy for immunological research, SPEC 2012 - Shedding New Light on Disease, Le Meridian, Chiang Mai, Thailand, November 11-16, 2012.
  • 10). Hobro A. J., Coban C., Smith N. I., Raman-based Serology of Malaria Parasitemia, SPEC 2012 - Shedding New Light on Disease, Le Meridian, Chiang Mai, Thailand, November 11-16, 2012.
  • 11). Pissuwan D., Smith N. I., Effect of different surface modifications of gold nanorods on inflammatory cytokine induction in macrophage cells, 2012 Materials Research Society (MRS) Fall Meeting, Hynes Convention Center, Boston, U.S.A., November 25-30, 2012.
  • 12). *Pissuwan D., Cortie M., Niidome T., Smith N. I., Intersection of light and gold nanoparticles for biomedical applications, Photonic Global Conference (PGC2012), Resort World Convention Centre, Singapore, Singapore, December 13-16, 2012.
  • 13). Hobro A. J., Label-free Raman spectroscopy for immunological research, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • 14). Smith N. I., Pavillon N., Multimodal Raman and Phase Imaging for Correlative Label-Free Imaging of Immune Cells, Focus on Microscopy 2013, MECC Conference Center, Maastricht, Netherland, March 24-27, 2013.
  • ■サブテーマ5: 自然免疫の構造生物学的研究(稲垣 冬彦)
     学会発表 計( 11 )件 うち招待(依頼)講演 計( 5 )件
  • 1). Enokizono Y., Structural and Functional Analysis of Regnase-1, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 2). Yokogawa M., NMR Analyses of the Interaction between the FYVE Domain of Early Endosome Antigen 1 (EEA1) and Phosphoinositide Embedded in a Lipid Bilayer, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 3). *Inagaki F., Standley D., Structural Biology of Innate Immunity, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 4). Yokogawa M., Structural and functional analyses of proteins by NMR spectroscopy, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • 5). *Inagaki F., NMR-based drug discovery utilizing paramagnetic lanthanide probe, International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems 2012 (ICMRBS2012), Lyon Convention Centre, Lyon, France, August 19-24, 2012.
  • 6). Yokogawa M., NMR analyses of the interaction between EEA1 FYVE domain and phosphoinositide embedded in lipid bilayer, International Conference on Magnetic Resonance in Biological Systems 2012 (ICMRBS2012), Lyon Convention Centre, Lyon, France, August 19-24, 2012.
  • 7). *Standley D., Fast, Accurate Multiple Sequence/Structure Alignment Using MAFFTash, Frontiers in Phylogenetics Spring Symposium, National Museum of Natural History, Washington, D.C., U.S.A., May 20, 2012.
  • 8). *Standley D., Modeling the TLR4 myddosome complex, The 11th Annual Conference on Artificial Immune Systems, San Domenico Palace Hotel, Taormina, Italy, August 28-31, 2012.
  • 9). Standley D., 3D Reconstruction of Protein-Protein Complexes from Site-Directed Mutagenesis and Yeast Two-Hybrid Screening, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 10). *Standley D., A structural view of immunology, RCAI Seminar Series 2012 Toward Integrative Medical Biology, RIKEN, Japan, December 18, 2012.
  • 11). Yamashita K., Restraints driven protein-protein docking, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • ■サブテーマ6: 免疫応答のシステムバイオロジー解析(中井 謙太)
     学会発表 計( 9 )件 うち招待(依頼)講演 計( 1 )件
  • 1). Kumagai Y., Modeling an immune response with coupled bistable systems, The 13th International Conference on Systems Biology, University of Toronto, Toronto, Canada, August 19-23, 2012.
  • 2). Alvarez Y. L., Patil A., Nakai K., Ensemble of multilayer perceptrons for uncovering distinct patterns in promoters of co-expressed genes, 11th International Conference on Bioinformatics (InCoB2012), Central Plaza Ladprao Bangkok, Bangkok, Thailand, October 3-5, 2012.
  • 3). Patil A., The conservation of chemical composition in intrinsically disordered regions and its utility in their functional classification, 生命医薬情報学連合大会, タワーホール船堀, 東京, 日本, 2012年10月14-17日.
  • 4). Nakai K., Deducing the Nature of Immune Responses from Time-Course Changes of Transcriptional Start Sites, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29- 31, 2012.
  • 5). Lopez Y., Patil A., Nakai K., Discovering of over-represented motifs in two cell types by hierarchically clustering their k-mers Frequency Vectors, The 7th IAPR International Conference on Pattern Recognition in Bioinformatics (PRIB2012), Tokyo Institute of Technology, Tokyo, Japan, November 8-10, 2012.
  • 6). *熊谷雄太郎, RNA分解を通じた自然免疫応答の制御 - 定量化とモデル化, 定量生物学の会第五回年会, 東京大学生産技術研究所, 東京, 日本, 2012年11月23-25日.
  • 7). Liang K. C., Time course analysis of transcription start site distribution changes in mice dendritic cells after LPS stimulation, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.
  • 8). Suzuki Y., Towards System-Level Understandings of Transcriptional Regulations, Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012), Icho Kaikan & Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, October 29-31, 2012.
  • 9). Irie T., Predicting promoter activities of primary human DNA sequences, AKIRA Project Research Meeting 2013, Taniguchi Memorial Hall, Osaka University, Osaka, Japan, February 26, 2013.

受賞

※本プロジェクトサブテーマリーダー・研究分担者の受賞実績

2012年10月26日 審良静男(中心研究者・サブテーマ1・サブテーマリーダー)
The Frederik B. Bang Award for Outstanding Research Int. The Field of Bacterial Endotoxins, Twelfth International Conference of the International Endotoxin and Innate Immunity Society.
2012年12月6日 齊藤達哉(サブテーマ1・研究分担者)
平成24年度日本免疫学会研究奨励賞
受賞題目:「パターン認識受容体を介した自然免疫応答における活性酸素種の役割に関する解析」
2012年12月6日 鈴木一博(サブテーマ1・研究分担者)
平成24年度日本免疫学会 研究奨励賞
受賞題目:「免疫セマフォリン分子の機能解析と多光子励起顕微鏡を用いた生体イメージングによる免疫応答の可視化」
2013年2月4日 菊地和也(サブテーマ3・サブテーマリーダー)
公益財団法人井上科学振興財団 第29回(2012年度)井上学術賞
受賞題目:「化学プローブのデザイン・合成による分子イメージング」

3.図書出版 計( 27 )件

通し番号 著者名 書名

1

菊田順一、石井 優 腎と骨代謝. 25(2). 日本メディカルセンタ-. 2012年4月号(2012年4月1日発行).
(「破骨細胞機能のイメージング」pp.107-113を執筆)

2

川村俊輔、石井 優 炎症と免疫. 20(3). 先端医学社. 2012年5月号(2012年4月20日発行).
(「破骨前駆細胞局在の正と負の制御」pp.221-226を執筆)

3

森 勇樹、朱 大松、
吉岡芳親
日本分子イメージング学会誌.  5(2). 2012年5月24日.
(「磁気共鳴法を用いたダイナミックな免疫現象の可視化を目指して」pp.9-14を執筆)

4

Ishii T., Kawamura S., Nishiyama I., Kikuta J.,
Ishii M.
Sphingosine-1-Phosphate -Methods of Protocols-. Edited by Alice Pebay & Kursad Turksen, Human Press (Springer Science). Published in May 31, 2012.
(「Use of intravital microscopy and in vitro chemotaxis assays to study the roles of sphingosine-1-phosphate in bone homeostasis」pp.129-139を執筆)

5

審良静男、斎藤達哉、
河合太郎
ウイルス. 62(1). 日本ウイルス学会. 2012年6月1日
(「自然免疫による核酸認識」pp.39-45を執筆)

6

小谷真奈斗、菊田順一、
石井 優
血管医学. 13(2). メディカルレビュー社. 2012年5月号(2012年6月20日発行).
(「生体骨組織内での破骨細胞動態イメージング」pp.39-45を執筆)

7

審良静男 実験医学. ―500号記念特集 世界を動かした生命医科学のマイルストーン―. 30(12). 羊土社. 2012年8月号(2012年8月1日発行).
(「免疫研究の最前線を追い続けて 自然免疫システムの解明」pp.1884-1890を執筆)

8

石井 優 アレルギーの臨床. 32(10). ニューサイエンス社. 2012年9月号(2012年9月20日発行).
(「多光子励起イメージングによる免疫・炎症細胞動態とその微小環境の可視化」pp.938-942を執筆)

9

佐藤 荘、審良静男 医学のあゆみ. 243(1). 第1土曜特集 自然免疫Update -研究最前線. 医歯薬出版. 2012年10月6日.
(自然免疫に関わる細胞研究の最前線 「M2マクロファージの分化機構およびその生体内での役割の解明」pp.65-72を執筆)

10

三野享史、竹内 理 医学のあゆみ. 243(1). 第1土曜特集 自然免疫Update -研究最前線. 医歯薬出版. 2012年10月6日.
(シグナル「自然免疫における転写後調節」pp.57-62を執筆)

11

佐藤 荘、審良静男 日本臨牀. 70(増刊8). 分子標的薬 -がんから他疾患までの治療をめざして-. 日本臨牀社. 2012年11月20日.
(「M2マクロファージ分化の分子メカニズムとその生理的役割」.pp.236-241を執筆)

12

Yutaro Kumagai, Shizuo Akira S. Sambhara and T. Fujita ed., Nucleic Acid Sensors and Antiviral Immunity, Landes Bioscience, November 26, 2012.
(「Nucleic Acid-Sensing TLR Signaling Pathways」pp.40-57を執筆)

13

菊田順一、石井 優 Arthritis ―運動器疾患と炎症―. 10(3). メディカルレビュー社. 2012年12月号(2012年12月1日発行).
(「Orthovisual 骨のライブイメージング」pp.170-176を執筆)

14

審良静男、熊ノ郷 淳、
竹田 潔 編 
免疫学Update ―分子病態の解明と治療への展開― (The Frontiers in Life Sciencesシリーズ). 南山堂. 2012年12月10日. B5判 252頁.

15

宋 智勲、審良静男 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY. 20(1). メディカルトレビュー社.2013年3月号(2013年3月1日発行).
(「自然免疫研究の最近の進歩」pp.13-20を執筆)

16

鈴木一博 実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「2光子励起顕微鏡によるリンパ節のin vivoイメージング」pp.118-126を執筆)

17

石井 優 実験医学別冊. in vivo イメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「in vivoイメージングで見えるモノ、わかるコト」pp.12-17を執筆)

18

石井 優 実験医学別冊. in vivo イメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「in vivoイメージングの実験系とその選択」pp.18-24を執筆)

19

賀川義規、前田 栄、
内藤 敦、石井 優
実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「Explantならびにintravitalイメージングのセットアップ -2光子励起顕微鏡システムの立ち上げ方-」pp.54-59を執筆)

20

石井 優 (監修) 実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「in vivoイメージングにおける蛍光顕微鏡の使い方(4社対応)」pp.60-108を執筆)

21

賀川義規、前田 栄、
内藤 敦、石井 優
実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「2光子励起顕微鏡を用いた肝臓のin vivoイメージング」pp.142-147を執筆)

22

前田 栄、賀川義規、
内藤 敦、石井 優
実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「2光子励起顕微鏡によるがんのin vivoイメージング」pp.156-162を執筆)

23

内藤 敦、賀川義規、
前田 栄、石井 優
実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「in vivoイメージングシステムによる腫瘍イメージング」pp.163-170を執筆)

24

石井 優 実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「系の確立していない組織・臓器のイメージング立ち上げのポイントと留意点」pp.197-201を執筆)

25

賀川義規、前田 栄、
内藤 敦、石井 優
実験医学別冊.in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「in vivoイメージングで取得した4Dデータのプレゼンテーションの仕方」pp.239-244を執筆)

26

小和田俊行、菊地和也 実験医学別冊. in vivoイメージング実験プロトコール. 羊土社. 2013年1月1日.
(「in vivoイメージングに適した化学プローブの選択」pp.42-53を執筆)

27

宋 智勲、審良静男 HORMONE FRONTIER IN GYNECOLOGY. 20(1). メディカルトレビュー社.2013年3月号(2013年3月1日発行).
(「自然免疫研究の最近の進歩」pp.13-20を執筆)

4.産業財産権の出願(出願中で未登録のもの) 計( 4 )件

サブテーマ1: 自然免疫による獲得免疫活性化機構の解明(審良 静男)
産業財産権の出願 合計( 2 )件

通し番号 産業財産権の名称 発明者 権利者 産業財産権の種類、番号 出願年月日 国内・国外の別

1

アジュバント及びそれらを含む
ワクチン
川﨑 拓実、河合 太郎、
審良 静男
国立大学法人
大阪大学
特願2012-232990 2012年10月22日 国内

2

脂肪萎縮症の
モデル動物
佐藤 荘、審良 静男 国立大学法人
大阪大学
特願2013-004008 2013年1月11日 国内

サブテーマ3: 免疫現象を可視化する化学分子イメージングプローブの開発(菊地 和也)
 産業財産権の出願 合計( 2 )件

通し番号 産業財産権の名称 発明者 権利者 産業財産権の種類、番号 出願年月日 国内・国外の別

1

共振回路 朱  大松、
吉岡 芳親
国立大学法人
大阪大学
特願PCT/
JP2012/063325
2012年5月24日 国外
(PCT出願)

2

ダイヤモンド
複合粒子
森田 将史、清野 智史、
立川 貴士、真嶋 哲朗、
吉岡 芳親
国立大学法人
大阪大学
特願2012-246538 2012年11月8日 国内

5.産業財産権の登録(登録済みのものに限る) 計( 0 )件

6.学術シンポジウム等(主催したもののみを記載) 計( 3 )件

通し番号 開催期間 実施した補助事業者 標題 主な会場
(収容可能人数)
参加者数

1

2012年5月22日~23日 大阪大学 国際シンポジウム"Dynamism of Immune Reactions & Regulations"
(パネル展示ブースを審良プロジェクトが主催)
グランキューブ大阪・大阪国際会議場 12階特別会議場(約250名) 延べ
約500名

2

2012年10月29日~31日 大阪大学 International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012)"
(2012年度国際シンポジウム「免疫ダイナミズムの統合的理解に向けて」)
大阪大学銀杏会館(約150名)及び
谷口記念講堂(約100名)
162名
(延べ
306名)

3

2013年2月26日 大阪大学 AKIRA Project Research Meeting 2013 (平成24年度審良プロジェクト研究成果報告会) *非公開で開催 大阪大学谷口記念講堂(約60名) 55名

7.市民に対するアウトリーチ活動 (実験教室の開催、冊子作成等) 計( 18 )件

通し番号 実施期間 実施した
補助事業者
標題 実施内容 実施場所
(配布先)
成果
(参加者数、配布数等)

1

2012年4月30日
~5月1日
大阪大学 大阪大学いちょう祭・パネル展示 「2つの最先端研究の紹介『免疫を探る』・『革新ナノバイオデバイスの開発』」 審良プロジェクトの研究紹介
パネル展示、ビデオ上映、クイズラリー
大阪大学テクノアライアンス棟1階・アライアンスホール
(大阪府吹田市)
地域住民・高校生
259名
(4/30:231名、
5/1:28名)

2

2012年4月30日 大阪大学 サイエンスカフェ
「カフェ・オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」
第8回「樹状細胞は免疫のキープレイヤー」
ゲスト:
改正恒康 教授
大阪大学テクノアライアンス棟1階・アライアンスホール
(大阪府吹田市)
地域住民・高校生
191名

3

2012年6月30日 大阪大学 最先端研究開発支援プログラム「免疫ダイナミズムの統合的理解と免疫制御法の確立」
平成21年度~平成23年度研究成果概要集
平成21年度~23年度の研究成果及び研究活動・公開活動等の実施状況を取り纏めの上、研究成果概要集として刊行し、関連分野の研究者及び社会に広く公開するもの。 学内関係部局・研究者、FIRST30課題中心研究者・共同事業機関、全国の国公立大学医歯薬学研究科、生物系研究科、関連研究所、関連省庁法人・図書館等、公開活動来場者等 1,000部

4

2012年7月28日 大阪大学 サイエンスカフェ
「サイエンスカフェ・
オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」
第9回「なぜ、ワクチンは効くのか」
ゲスト:
伊勢 渉 特任准教授
Architect Cafe
アークカフェ
(大阪市北区芝田)
一般市民
約30名

5

2012年8月3日 大阪大学 実験教室(超高磁場MRIによる断層撮影)の開催
(サブテーマ3/吉岡芳親特任教授)
スーパーサイエンスハイスクール指定高校の高校生を対象として、小動物用MRI装置を用いて、非侵襲的画像化法の実体験を実施。 大阪大学大学院生命機能研究科高度生体機能イメージング研究施設 高校生 14名、
引率教員 2名

6

2012年8月6日
~7日
大阪大学 生体二光子励起イメージング講習会
(サブテーマ2/石井優教授)
生体二光子励起顕微鏡を用いたイメージングの操作やデータの解析方法を講義・実習を通じて教授する。 大阪大学免疫学フロンティア研究センター細胞動態学研究室 学内外の大学院生等
9名

7

2013年9月25日 大阪大学 サイエンスカフェ
「サイエンスカフェ・
オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」
第10回「ノーベル賞でたどる免疫学の歴史」
ゲスト:
植松 智 特任教授
(東京大学)
アートエリアB1
(大阪市北区中之島・京阪なにわ橋駅地下1階コンコース)
一般市民
64名

8

2012年10月9日 大阪大学 サイエンスクラス
"In touch with Science"
(出前授業)
 "Using light to understand how the world works"
ゲスト:
Nicholas I.Smith 特任准教授
補助:
Alison J. Hobro 特任研究員
関西学院大阪インターナショナルスクール Physics Room
(大阪府箕面市)
インターナショナルスクールの中高校生
28名

9

2012年11月10日 大阪大学 サイエンスカフェ
「サイエンスカフェ・
オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」
第11回「いちばん新しい免疫の話」
ゲスト:
黒崎知博 特任教授
(大阪大学),
山崎 晶 教授
(九州大学)
コマンタレヴー
(福岡県福岡市中央区)
一般市民
約50名

10

2012年11月10日~11日 大阪大学
(JST主催)
FIRSTサイエンスフォーラム3・第1回ブース展示 
(同時開催:サイエンスアゴラ2012)
ブース出展に出展
(出展内容:パネル展示・パンフレット配布)
東京国際交流館プラザ平成
(東京都江東区青海)
サイエンスアゴラ
来場者数:6,225名
FIRSTサイエンスフォーラム3来場者:
1,058名
(本プロジェクトのブース来場者:
70名程度)

11

2012年11月18日 大阪大学 生命科学図書館
20周年記念企画サイエンスカフェ
「この研究ができるまで ~研究の誕生と成長のプロセス」
ゲスト: 
岡村康司 教授
上川裕子 特任研究員(FIRST審良PJ)
大阪大学 生命科学図書館1階閲覧室
(大阪府吹田市)
一般市民・大学生
約40名

12

2013年1月16日 大阪大学 サイエンスクラス
"In touch with Science"
(出前授業)
"game or science? -- Calculating proetein stractures on a computer --"
ゲスト:
Daron M. Standley 特任准教授
補助:  
Viet Huy Dinh 特任研究員
関西学院大阪インターナショナルスクール Physics Room
(大阪府箕面市)
インターナショナルスクールの中高校生
28名

13

2013年1月31日 大阪大学 Immunolory On the Edge
(「免疫を探る」の英語版)
審良プロジェクトの研究概要紹介パンフレット
(一般向け・外国人留学生等)
AAAS 2013 Anuual Meeting(於;米国)来場者に配付
本学関係部局、共同事業機関等

ホームページ掲載
600部

14

2013年3月8日 大阪大学 免疫を探る
(改訂版・日本語版)
審良プロジェクトの研究概要紹介パンフレット
(一般向け)
サイエンスフォーラム3来場者に配付
本学関係部局・共同事業機関等

ホームページ掲載
700部

15

2013年3月16日~17日 大阪大学
(JST主催)
FIRSTサイエンスフォーラム3 ・第3回ブース展示
(同時開催:内閣府主催「科学・技術フェスタ in 京都 2013」)
ブース展示に出展
(出展内容:パネル展示、タンパク質ドッキングゲーム体験、ビデオ上映)
京都パルスプラザ
(京都府京都市伏見区)
科学・技術フェスタ
来場者数: 5,958名
(本プロジェクトのブース来場者:226名)

16

2013年3月17日 大阪大学(JST主催) FIRSTサイエンスフォーラム3
第3回「ブルークスルー:自分の壁を乗り越えるために」
(同時開催:内閣府主催「科学・技術フェスタ in 京都 2013」))
審良静男中心研究者が登壇発表
(研究内容の紹介、若者らとのインタラクティブ討論、アフタートーク)
京都パルスプラザ
(京都府京都市伏見区)
一般市民・高校生等 聴講者数 435名

17

2012年10月29日 大阪大学 BOOK OF ABSTRACTS International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012)" 2012年度国際シンポジウム「免疫ダイナミズムの統合的理解に向けて」(TCUID2012)予稿集を発行の上、研究成果を広く公開するため、配付。 国際シンポジウム TCUID 2012 の外国人招聘講演者、参加者、大阪大学免疫学フロンティア研究センター等関係部局・研究室、共同事業機関等

ホームページ掲載
300部

18

2012年11月30日 大阪大学 International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism (TCUID 2012)"の実施記録DVD 2012年度国際シンポジウム「免疫ダイナミズムの統合的理解に向けて」(TCUID2012)の実施の様子を撮影し、公開活動の紹介用としてDVDに記録したもの。 公開活動時に上映 1部

8 ホームページ

※PV=ページビュー ※UU=ユニークユーザー

トップページURL 公開日 総閲覧数(PV)
(公開日から報告日まで)
純閲覧数(UU)
(公開日から報告日まで)
http://akira-pj.lserp.osaka-u.ac.jp/index.html 2010年9月24日 170,577 19,745

※上記のほか、2012年6月1日に、International Symposium "Towards Comprehensive Understanding of Immune Dynamism" (TCUID 2012)〔開催日;2012年10月29~31日〕のホームページ(http://akira-pj.lserp.osaka-u.ac.jp/TCUID2012/)を公開した。


平成24年度 報道等掲載実績

実績(平成24年度合計) 総合計( 20 )件

件数:テレビ 計( 0 )件、新聞 計( 17 )件、雑誌(学術誌除く) 計( 0 )件、その他 計( 3 )件

通し番号 媒体の種類 放送チャンネル名・
掲載媒体名等
番組名・掲載見出し等 放送・掲載
年月日
掲載面等

1

新聞 日本経済新聞 「アレルギー・感染症・・・治療の手掛かりに」審良・阪大免疫学フロンティア研究センター拠点長に聞く 2012年
6月14日
特集 知の明日築く
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGG1201R_S2A610
C1000000/

2

新聞 日本経済新聞 骨の破壊みえた!
阪大、マウスで
骨粗しょう症薬 開発に期待
2013年
1月17日
34面
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO50672250X10C13
A1CR8000/

3

新聞 毎日新聞 骨粗しょう症 新薬へ成果
破骨細胞に2種類の状態
阪大教授らのチーム 骨溶かす機能抑制カギ
2013年
1月17日
朝刊 25面

4

新聞 科学新聞 破骨細胞が骨を壊す様子 リアルタイム可視化 成功
理想的な治療法開発に期待
阪大の研究グループが世界初
2013年
1月18日
1面

5

新聞 朝日新聞 「破骨細胞」に2種類
阪大発見、骨粗鬆症治療に道
2013年
1月18日
朝刊 38面

6

新聞 日刊工業新聞 阪大、痛風進行の仕組み解明ー生活習慣病治療に期待 2013年
3月18日
新技術・新製品
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720130318eaah.
html

7

新聞 日本経済新聞 阪大、痛風に伴う炎症の仕組み解明 2013年
3月18日
トップ
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO52950130Y3A310
C1TJM000/

8

新聞 日本経済新聞 痛風に伴う炎症 仕組みを解明 2013年
3月19日
朝刊 17面

9

新聞 読売新聞 働かないとメタボ、脂肪蓄積調整する遺伝子発見 2013年
3月21日
ニュース
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=74720

10

新聞 読売新聞 脂肪蓄積 調整する遺伝子
メタボ薬 応用に期待
阪大グループ発見
2013年
3月21日
朝刊 2面

11

新聞 産経新聞 白血球の一種がメタボに影響 阪大チーム成果 2013年
3月21日
ライフ
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130321/
wlf13032110480006-n1.htm

12

新聞 産経新聞 メタボ 末梢組織の白血病が影響
脂肪細胞を管理
阪大グループ
2013年
3月21日
夕刊 10面

13

新聞 日刊工業新聞 病態に関与する細胞分化 阪大、遺伝子を発見 2013年
3月21日
21面

14

新聞 日刊工業新聞 阪大、がんなどの病態に関与する細胞分化する遺伝子を発見 2013年
3月21日
食品・医薬・繊維
http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1020130321
eaah.html

15

新聞 読売新聞 痛風 細胞内で「炎症の連鎖」
発症の仕組み解明
阪大グループ
2013年
3月22日
夕刊 14面

16

新聞 読売新聞 痛風は細胞内「炎症の連鎖」・・・大阪大教授等解明 2013年
3月22日
ニュース
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news/20130322-OYT8
T01079.htm

17

新聞 産経新聞 痛風は細胞内の傷・・・炎症に「自然免疫」影響 阪大 2013年
3月25日
ライフ
ベテラン記者のデイリーコラム・坂口至徳の科学の現場を歩く
http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130325/
wlf13032516300020-n1.htm

18

その他 Japanest NIPPON 世界に貢献する日本の発見・日本の開発
第2回審良静男
「トール様受容体と先天免疫研究」
2012年
4月6日
特集
http://japanest-nippon.com/jp/feature/

19

その他 マイナビニュース 阪大とJST、破骨細胞が実際に骨を壊していく様子も撮影可能な顕微鏡を開発 2013年
1月17日
サイエンス
http://news.mynavi.jp/news/2013/01/17/182/index.
html

20

その他 マイナビニュース 「組織常在型M2様マクロファージ」は免疫担当ではなかった-阪大 2013年
3月28日
サイエンス
http://news.mynavi.jp/news/2013/03/28/065/index.
html
| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader