ビジネスマッチングシンポジウムにて審良中心研究者の登壇とブース出展を行いました

平成26年2月10日(月)に、きらっ都プラザ京都産業会館シルクホールにて日経BPコンサルティング主催の「内閣府 FIRST研究成果ビジネスマッチングシンポジウムin京都」が開催されました。参加者数は337名でした。

審良プロジェクトではブースを出展し、研究成果紹介ビデオ・冊子・パネルを活用して研究内容や成果をわかりやすく紹介しました。 また中心研究者の審良静男教授は講演「免疫機構の解明と制御法の研究 FIRSTの成果と今後の展望」にて審良プロジェクトのこれまでの研究成果を発表しました。さらに「世界に羽ばたく日本の医療産業、乗り越えるべき壁」と題したパネル討論にも登壇し、FIRSTのような大型の研究プログラムをどのように運営し、その成果をいかに産業界へ繋げていくかについて活発な議論を交わしました。

| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader