大阪大学いちょう祭にてパネル展示とサイエンスカフェを行いました。

審良プロジェクトでは2013年5月2日(木)、3日(金・祝)に、大阪大学 テクノアライアンス棟1階 アライアンスホールにて大阪大学いちょう祭の公開企画「2つの最先端研究の紹介『免疫を探る』・『革新ナノバイオデバイスの研究開発』」を川合プロジェクトと合同で実施しました。延べ人数で160名を超える参加者の来場があり、高校生の姿も多く見られました。

参加者は、パネル展示やビデオ上映による最先端研究の紹介を真剣な表情で聞き、またクイズラリーやオリジナルコンピュータゲームも楽しんで解いていました。

5月3日(金・祝)14時~15時30分には、サイエンスカフェ・オンザエッジ「MRIの限界に挑戦!-神経活動から免疫反応まで、生きたままイメージング-」が開催されました。MRIで見ることのできる多くの現象が紹介され、参加者は興味深い様子でMRI画像に見入っていました。


当日の様子(クリックすると大きな写真を表示します)

note note note note


参加者の声(パネル展示の来場者アンケートより)

Q. 印象に残った内容

直観的なゲーム(30代・男性)

スタッフの方が説明してくれたので、内容がわかりやすかったです。(大学生/大学院生)

ビデオ上映がとても良かった。全然飽きる事なく聞くことができた。(高校生)

パネルを見ながらより深く説明して下さったので理解することができました。(高校生)


サイエンスカフェのレポートは後日、掲載予定です。
| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader