審良静男教授が慶應医学賞を受賞

世界の医学・生命科学の領域において、医学を中心とした諸科学の発展に寄与する顕著、かつ創造的な研究業績をあげた研究者を顕彰する慶應医学賞に、IFReC拠点長の審良静男教授が選ばれました。 11月29日に慶應大学にて授賞式と記念講演が行われます。

[受賞研究テーマ] 自然免疫システムにおける微生物認識と免疫応答機構の解明

| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader