中心研究者の審良静男教授が、平成23年度スーパーサイエンスハイスクール生徒研究発表会で講演(講演題目;「免疫の不思議~私が開いた免疫学の新しい扉」)を行います。

本プロジェクトの中心研究者である審良静男教授(大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 拠点長)が、8月11日(木)~12日(金)に神戸国際展示場(兵庫県神戸市)で開催される「スーパーサイエンスハイスクール (SSH) 生徒研究発表会」において、「免疫の不思議~私が開いた免疫学の新しい扉」と題する講演を行います。


審良教授は、このたび、文部科学省及び独立行政法人科学技術振興機構からの依頼を受け、8月11日(木)9時10分~10時に、スーパーサイエンススクール指定校の全国生徒及び保護者を対象に、免疫のしくみ、並びにこれまでの自然免疫研究の成果と現在取り組んでいる本プロジェクトの研究について講演します。この講演では、本プロジェクトのアウトリーチ活動の一環として、高校生及びその保護者向けに分かりやすく免疫のしくみについて説明するとともに、本プロジェクトの研究内容を紹介します。


「スーパーサイエンスクール(SSH))生徒研究発表会」は、文部科学省と独立行政法人科学技術振興機構(JST)の主催により、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)の生徒による研究発表会を行い、SSHの生徒の科学技術に対する興味・関心を一層喚起するとともに、その成果を広く普及することにより、SSH事業を推進することを目的として、開催されるものです。

 

 ※ スーパーサイエンスハイスクール(SSH)生徒研究発表会に関する詳しい情報は、下記のURLをご参照ください。

      http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/08/1309602.htm

 

 

| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader