2011年10月27日(木)に大阪でサイエンスカフェ「かたちとはたらき -タンパク質のコミュニケーション-」を開催します

20111027_inagaki_cafe.jpg

サイエンスカフェとは、コーヒーでも飲むような気軽さで科学の話を楽しみましょうという、対話型のイベントです。話題提供者であるゲストと参加者の間に仲介役としてファシリテーターが入り、話の内容が難しくなりすぎないように交通整理を行います。

審良プロジェクトでは、研究内容や成果を一般の方々にもわかりやすく解説することを目的に、研究者と一般の方々との対話の場として、「カフェ・オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」と題するサイエンスカフェを開催しています。

「カフェ・オンザエッジ」は、本プロジェクトの中心研究者である、世界的な免疫学者 審良静男教授が代表を務める研究プロジェクトや研究拠点において、最先端の研究に取り組んでいる研究者をゲストに招いて開催するサイエンスカフェシリーズです。

第6回目は、タンパク質の形の変化から生命の機能を知るということをテーマに以下のとおり開催しますので、ぜひご参加ください。

今回は「教育・文化週間」での開催となります。大人も子供も文化や教育について楽しく学ぶ週間に、普段からよく耳にする「タンパク質」に親しんでみませんか?



第6回 「かたちとはたらき -タンパク質のコミュニケーション-」(ゲスト: 稲垣冬彦さん)

日時

20111027日(木) 午後 6:308:30(開場は午後 6:00

場所

アートエリア B1(ビーワン)
 京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース
 (地下鉄「淀屋橋駅」「北浜駅」から徒歩約5分)

ゲスト

稲垣 冬彦
 
北海道大学 大学院先端生命科学研究院 特任教授

ファシリテーター

竹内 裕子
 
大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室 特任准教授 /

審良プロジェクト 研究支援統括者補佐

進行役

加来奈津子・高木 昭彦・岩崎 琢哉(大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室)

定員

約 40 名

参加費用

無料 (事前の参加申込は、不要です。)

内容のご案内

今回のテーマは、タンパク質の形の変化から生命の機能を知ることです。

私たちの体を形作っているタンパク質はそれぞれ重要な役割を持っています。タンパク質というと、卵とか豆腐とかお肉とか固いものと思っていませんか? 実は生きているタンパク質はいつも同じ形ではなくダイナミックに形を変えることがわかってきました。タンパク質は、アミノ酸が鎖のようにつながって出来ていますが、ベルトのようにつながった鎖がいろいろな畳まれ方をして3次元構造を作ります。この3次元構造を作る時の弱い結合が曲者なのです。外界のpHやイオン濃度や温度などが変わると、弱い結合が変化し、タンパク質は形を柔軟に変えます。タンパク質はDNAに比べるとずっと"ゆるキャラ"である所以です。

この形の変化はタンパク質の働きと、とても密接な関係があります。形をコントロール出来れば、タンパク質、ひいては免疫など生体の働きを変えることも夢ではありません。

しかし、目に見えないような小さいタンパク質の形の変化は、どのように調べたらよいのでしょうか。科学者は何を使ってタンパク質の立体構造を見つけ出しているのか、立体構造生物学の第一線の研究者がお話しします。「距離を測る」がキーワードです。科学者が見つけたタンパク質のダイナミズムを一緒に覗いてみましょう。タンパク質の構造変化から、どのようにして免疫応答に迫れるのかについてもお話しします。

ゲストのプロフィール

稲垣 冬彦(いながき ふゆひこ)さんのプロフィール
北海道大学 大学院先端生命科学研究院 特任教授

ph_inagaki.JPG

東京大学 大学院理学系研究科 生物化学専攻 博士課程修了、理学博士(東京大学)。

東京大学理学部生物化学教室 助手に採用後、Oxford大学無機化学教室・Ramsay奨学生、(株)東レ リサーチセンター 主任研究員、(財)東京都 臨床医学総合研究所 生理活性物質研究部門室長を経て、1999年から北海道大学大学院薬学研究科(2006年4月から北海道大学大学院薬学研究院)教授。2010年4月から現職。

研究内容は、細胞内シグナル伝達の構造生物学、新規NMR構造解析技術の開発、構造生物学の創薬への展開。

ファシリテーターのプロフィール

竹内 裕子(たけうち ゆうこ)さんのプロフィール
大型教育研究プロジェクト支援室 特任准教授 / 審良プロジェクト研究支援統括者補佐

大阪大学 大学院理学研究科生理学専攻 博士課程修了、理学博士(大阪大学)。

大阪バイオサイエンス研究所神経科学部門 特別研究員、科学技術振興機構戦略創造「ナノテク融合」研究員、大阪大学大学院生命機能研究科 特任助教 等を経て、2010年5月から大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室に勤務。最先端研究開発支援プログラム・審良プロジェクトの研究支援統括者補佐として研究支援業務に従事。

関連リンク

今回のサイエンスカフェは、「ラボカフェ」の活動の一環として実施しています。

「ラボカフェ」は、大阪大学のアウトリーチ活動として実践する対話プログラムで、アートエリアB1(大阪大学コミュニケーションデザイン・センター、京阪電気鉄道株式会社、NPO法人ダンスボックスの三者が協働運営する事業体)が主催し、大阪大学21世紀懐徳堂が共催しています。

毎回、アートエリアB1(京阪電車中之島線「なにわ橋駅」地下1階コンコース)を会場として、哲学・アート・科学技術・鉄道・スポーツなど、多岐にわたるテーマのカフェプログラムが実施されています。

ラボカフェでは、本学の教職員・学生を対象にカフェプログラムの企画を募集しており、今回の「カフェ・オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」は、その学内公募カフェプログラムに応募し、採択されたものです。

また、今回のカフェは、文部科学省の第53回(平成23年度)「教育・文化週間」の行事の一つでもあります。

「教育・文化週間」は、11月3日の「文化の日」を中心に教育・文化に関する行事を全国的に開催することにより、教育・文化に関する国民の理解と関心を深め、もってその充実振興を図るとともに、教育改革への一層の協力を得ることを目的として毎年実施されています。



メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader