審良プロジェクト 中心研究者の審良静男教授と公益法人千里ライフサイエンス振興財団 岸本忠三理事長との対談記事が掲載されています。

審良プロジェクトの中心研究者である審良静男教授と公益法人千里ライフサイエンス振興財団 岸本忠三理事長との対談記事「免疫は終わったと言われながらどんどん進んでいく。やっているときにはわからない」が千里ライフサイエンス振興財団ニュース第62号(2011年2月号・最新号)に掲載されています。

このたび、千里ライフサイエンス振興財団のホームページに、この千里ライフサイエンス振興財団ニュース第62号が掲載されました。

対談記事 は、下記のリンク先ページをご覧ください。

http://www.senri-life.or.jp/lfnews/lf_pdf_62.pdf

| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader