サイエンスカフェ・オンザエッジ第11回 「いちばん新しい免疫の話。」開催のお知らせ

審良プロジェクトでは、研究内容や成果を一般の方々にもわかりやすく解説することを目的に、研究者と一般の方々との対話の場として、「サイエンスカフェ・オンザエッジ ~先端の科学者が見ているコト・モノ~」と題するサイエンスカフェシリーズを開催しています。

20121110_sciencecafe_page1.jpg


サイエンスカフェとは、カフェにいるようなくつろいだ場で気軽に科学の話を楽しみましょうという、対話型のイベントです。話題提供者であるゲストと参加者に加えてファシリテーターという仲介役が間に立ち、3者の連携プレーで充実した対話の空間を実現します。

第11回目では、福岡市天神にあるお洒落なカフェにて、ふたりのゲストに話題提供をしてもらいます。「自然免疫」と「獲得免疫」という2つのトピックが、ふたりのゲストの視点でどのように読み解かれるのでしょうか。是非ご参加ください。


日暮れ前のひととき、暖かい飲み物で和みながら、研究者とカフェで話してみませんか。 



第11回 「いちばん新しい免疫の話。」(ゲスト: 黒崎知博さん・山崎晶さん)

日時

2012年11月10日(土) 午後4:00~6:00(開場は午後3:30)

場所

コマンタレヴ―
福岡市中央区天神1-16-1 西鉄イン1F

ゲスト

黒崎 知博
 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任教授/
 理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター グループディレクター

山崎 晶
 九州大学生体防御医学研究所 教授

ファシリテーター

岩崎 琢哉
 
大阪大学 大型教育研究プロジェクト支援室 特任研究員

定員

約 40 名 (事前の参加申込は不要です。)

参加費用

無料 

お問い合わせ

大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 分化制御研究室
電話: 06-6879-4457(平日 午前9:00~午後5:00、担当 中尾)

内容のご案内

免疫には不思議がいっぱいです―

最初に病原体が入ってきたときに働く「自然免疫」を研究している山崎さんと、出会った病原体を記憶して二度目には素早く反応する「獲得免疫」を研究している黒崎さん、お二人から、免疫の不思議について考えるための話題を提供していただきます。
また当日は、皆さんがお二人と直接話せる時間もたっぷり取ります。ものごとを多面的にとらえる科学者とのひとときを、存分にお楽しみください。

ゲストのプロフィール

 黒崎 知博(くろさき ともひろ)

20121110_kurosaki_photo.jpg 大阪大学 免疫学フロンティア研究センター 特任教授/
理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター グループディレクター

京都大学大学院医学研究科博士課程修了後、Lederle Laboratories Senior Research Scientist、関西医科大学教授を経て、2004年より理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター グループディレクター。2008年より大阪大学 免疫学フロンティア研究センター特任教授を兼任。
研究内容は、Bリンパ球の活性化制御メカニズム。

 山崎 晶(やまさき しょう)

20121110_yamasaki_photo.jpg 九州大学 生体防御医学研究所 教授

京都大学大学院農学研究科修了後、三菱化成総合研究所、さきがけ研究21「細胞と情報」領域派遣、三菱化学総合研究所、千葉大学大学院医学研究科遺伝子制御学助手、理化学研究所 免疫・アレルギー科学総合研究センター 免疫シグナル研究グループを経て、2009年4月より現職。
研究内容は、免疫受容体による自己・非自己認識メカニズム。

ファシリテーターのプロフィール

 岩崎 琢哉(いわさき たくや)

 大型教育研究プロジェクト支援室 特任研究員 / URA(アウトリーチ支援担当)

北海道教育大学中学校教員養成課程(数学)卒業。 教育ソフトウェア開発、広告制作関連の民間企業を経て、2010年より大阪大学大型教育研究プロジェクト支援室に勤務。 URA(アウトリーチ支援担当)。

※URA: University Research Administrator





審良プロジェクトのサイエンスカフェ「カフェ・オンザエッジ」は

「サイエンスカフェ・オンザエッジ」に名称変更いたしました。

| トラックバック(0)

メモ

PDF ファイルの閲覧には、Adobe READER が必要です。以下のバナーをクリックすると、リンク先のページから無償で入手できます。

Adobe reader